衣笠しょうぶ祭り2016開催!横須賀の初夏

梅雨の季節を知らせるハナショウブの開花。横須賀市しょうぶ園でも菖蒲が満開となり、毎年恒例となった「衣笠しょうぶ祭」が開催されました。色鮮やかな花しょうぶの中、踊りや吹奏楽の演奏などこの日限りの楽しいお祭りでした。

衣笠しょうぶ祭の日は入場無料となり、毎年多くの来場客が訪れます。多くのお花見客でにぎわった横須賀しょうぶ園の様子をご報告します。

ハナショウブと阿波踊り(横須賀2016年6月4日)

ハナショウブと阿波踊り

名称:第22回衣笠しょうぶ祭 横須賀しょうぶ園(2016年6月4日開催)
開園時間:9:00 - 19:00(5月から8月まで)
入園料 :大人310円、小中学生100円(4月から6月までの通常料金)

住所:神奈川県横須賀市 阿部倉18-1
【アクセス】
・JR横須賀線「衣笠駅」京浜急行バス「しょうぶ園循環」でしょうぶ園で下車
◆六浦霊園からお車では、県道217号線南郷トンネルを利用して約30分で横須賀しょうぶ園に到着します。
駐車場有り(有料)。トイレ有り。
※混雑が予想されますので公共交通機関をご利用ください。

JR衣笠駅前「しょうぶ園循環」バス停

JR衣笠駅前「しょうぶ園循環」バス停

衣笠しょうぶ祭(横須賀市2016年6月4日)

衣笠しょうぶ祭(横須賀市2016年6月4日)




今回は電車を利用して横須賀しょうぶ園に行こうかと思い、JR横須賀線「衣笠駅」に降り立ちました。駅前のバス停には、すでに長い行列ができていました。(衣25)しょうぶ園循環のバスが到着するとほぼ満員の乗客。約10分ほどでしょうぶ園に到着です。

当日は入場無料となる「衣笠しょうぶ祭」とあって、老若男女が来園されていました。園内のハナショウブはほぼ満開で、その艶やかな姿に歓声が上がります。

満開の花しょうぶ(横須賀2016年6月4日)

満開の花しょうぶ(横須賀2016年6月4日)

しょうぶを撮影(横須賀2016年6月4日)

しょうぶを撮影




満開の菖蒲- 江戸系「町娘」(横須賀2016年6月4日)

満開の菖蒲- 江戸系「町娘」

しょうぶのお花見弁当(横須賀2016年6月4日)

しょうぶのお花見弁当




白や紫を基本に様々な色や花びらの形、種類によって異なる表情を見せてくれるのがハナショウブの特徴です。特に気に入ったのは江戸系「町娘」と書かれたハナショウブ。芯が紫で白い袖に黄色のワンポイントがあるハナショウブです。

ハナショウブに合わせて横須賀しょうぶ園ではアジサイも見頃を迎えていました。梅雨に咲くアジサイとハナショウブ。雨の時期を象徴する二つの花を楽しめるなんて、とても贅沢な気持ちになりました。

園内では、お弁当を広げお花見を楽しんでいる方を多く見かけました。しょうぶが満開、お弁当もお話にも花咲くお花見です。梅雨入り直前、時より日がさすまずまずの天候。衣笠しょうぶ祭に最高のお花見日和だったのではないでしょうか。

しょうぶの花摘み(横須賀2016年6月4日)

しょうぶの花摘み

屋台の焼きそばや焼き鳥(横須賀市しょうぶ園2016年6月4日)

屋台の焼きそばや焼き鳥




しょうぶ園で民謡流し踊り(横須賀2016年6月4日)

しょうぶ園で民謡流し踊り

しょうぶと浴衣が舞い踊る(横須賀2016年6月4日)

しょうぶと浴衣が舞い踊る




ハナショウブの田んぼでは、絣の着物に赤い帯、笠をかぶった女性が作業されていました。咲き終えた花を摘んでいるそうで、次のお花をキレイに咲かせるための作業だそうです。

園内では美味しそうな匂いも漂ってきます。焼きそばや焼き鳥などの軽食も楽しみました。衣笠しょうぶ祭では、様々なイベントが時を置かずに催されます。しょうぶの田んぼを囲む木道では、地元社中の民謡流し踊りが演じられました。浴衣姿の女性たちは、まるでハナショウブが飛び出したかのように感じました。

横須賀市消防団音楽隊の演奏(2016年6月4日)

横須賀市消防団音楽隊の演奏

阿波踊りが練り歩くしょうぶ園(横須賀2016年6月4日)

阿波踊りが練り歩くしょうぶ園




ハナショウブと阿波踊り(横須賀2016年6月4日)

ハナショウブと阿波踊り

京浜急行の汐入駅直行バス(横須賀市しょうぶ園2016年6月4日)

京浜急行の汐入駅直行バス




続いては、地元横須賀市の消防団音楽隊の演奏です。ご年配の方に配慮して、口ずさめる民謡や昭和歌謡曲を演奏されていました。クライマックスは勇壮な阿波踊りが舞います。鐘や太鼓の音にのり、ハナショウブの花畑の中を進みます。「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損々」とばかりに、笑顔を振りまきながら踊ります。阿波踊りを見ていると、来園客の心も踊り出します。

充分楽しんだ横須賀しょうぶ園の「衣笠しょうぶ祭」。帰りは京浜急行「汐入駅」行きの臨時バスに乗りました。初夏をたっぷり満喫したしょうぶ園での一日、開花している間にまた訪れたいと思いました。


梅雨の季節を迎えましたが、平年に比べ今年2016年は今のところ雨が少ないようです。初夏を楽しむために海へ山へお出かけしたいですね。太陽が出れば真夏日となることもあり、熱中症にはくれぐれもお気をつけください。
横須賀市は六浦霊園に隣接していて、大変近い場所にあります。夏の行楽にお出かけの際は、霊園見学会を実施している横浜六浦霊園にもお出で下さい。心よりご来園お待ち申し上げます。

横浜の大規模民間墓地
横浜六浦霊園 自然豊かで海の見える本格霊園 [大型駐車場有]

花壇のお花が楽しい霊園(横浜の六浦霊園)

六浦霊園

宗教自由の大型公園墓地・霊園、バリアフリーで楽々お墓参りをすることができます。神奈川県内や東京都からの交通アクセスも抜群です。[大型駐車場有]



関連タグ:
カテゴリー:横須賀市ニュース・霊園・墓地情報   最終更新日:2016年6月15日
「横須賀市ニュース・霊園・墓地情報」関連の記事一覧
改葬の手引き
手続き・費用などお気軽にご相談ください
小冊子を無料進呈!

霊園・祭祀の基礎知識
お墓の選び方から法要・葬儀まで、霊園・祭祀の基礎知識をご紹介します。

ライン