2017夏◆ヒマワリ咲く!くりはま花の国

雨空で夏の旅行やレジャーも残念な天気ですが、如何お過ごしでしょうか。寒暖差もあり、体調を崩す方も多いようですので、お体にお気をつけください。

六浦霊園がある横浜市金沢区は、横須賀、三浦半島にも隣接する地域です。横須賀市にある「くりはま花の国」は、気軽に山や花を楽しめる自然公園です。夏の花であるヒマワリを見にくりはま花の国に行ってきました。

夏の太陽に向くヒマワリ(くりはま花の国2017年8月17日)

夏の太陽に向くヒマワリ

名  称:横須賀 くりはま花の国
住  所:神奈川県横須賀市神明町1番地
料  金:無料
【アクセス】
・京浜急行「京急久里浜駅」、JR「久里浜駅」で下車し、徒歩約15分
・横浜横須賀道路「佐原インター」からお車で約10分
【六浦霊園からのアクセス方法】
◆電車では京浜急行「六浦駅」に乗り、「金沢八景駅」で乗り換え。
 「京急久里浜駅」で下車し、徒歩約15分
◆六浦霊園からお車では、横浜横須賀道路「朝比奈インター」に乗り、
 「佐原インター」からお車で約10分でくりはま花の国に到着します。
※駐車場(有料)有り。トイレ有り。

これからが見頃?ヒマワリの花

今年2017年(平成29年)の夏は、8月に入り毎日のように雨ですね。日照不足もあり野菜の高騰などが起きています。ヒマワリも同じ、日照不足でつぼみの花もまだ多いようです

横須賀市の東側、東京湾の浦賀水道に面する小高い丘が「くりはま花の国」です。住宅街に囲まれながら、公園内に入ると豊かな自然に囲まれます。そのくりはま花の国にヒマワリが咲きほこります

くりはま花の国 ポピーコスモス園入口(2017年8月17日)

くりはま花の国 ポピーコスモス園入口

冒険ランドのゴジラ(くりはま花の国2017年8月17日)

冒険ランドのゴジラ




高低差があるくりはま花の国。ポピーコスモス園入口から長い坂道を上っていきます。しばらくするとゴジラが目の前に現れてきます。ここは子供たちに大人気の冒険ランドです。

小一時間、汗だくになって遊んだ子供たち。一休みした後、ヒマワリを見に管理棟近くに向かいます。東京湾からの風を感じながら歩きました。管理棟の先、レストラン棟に向かう間の道にヒマワリが咲いていました

管理棟近くのひまわり(くりはま花の国2017年8月17日)

管理棟近くのひまわり

夏の太陽に向くヒマワリ(くりはま花の国2017年8月17日)

夏の太陽に向くヒマワリ




雲の合間から時折覗く陽ざしを感じ、大きなヒマワリが咲いていました。背丈は高く、大人の男性の身長をゆうに超えるヒマワリです。

ヒマワリの花壇はフラワートレインの順路にあり、車窓からヒマワリのお花見も楽しめます。くりはま花の国に訪れた日は平日です。土日にはSL機関車のようなフラワートレインが運行しているとのことです。

フラワートレイン、バス車窓からひまわり鑑賞(くりはま花の国2017年8月17日)

フラワートレイン、バス車窓からひまわり鑑賞

9月見ごろのジニアが咲く(くりはま花の国2017年8月17日)

9月見ごろのジニアが咲く




くりはま花の国の開花リレーはまだまだ続きます。公園入口に戻ると、9月が見頃のジニアが咲き始めていました。また、秋のお花の代表でもあるコスモス(秋桜)も楽しみです。

お花で季節を感じるのは、とても豊かな心持にさせてくれます。暑い日が続きますが、六浦霊園周辺地域にお花見に出かけては如何でしょうか。くれぐれも熱中症にはお気を付けください。


京浜急行に乗ればすぐそこに六浦霊園があります。お車でも京浜急行でもお墓参りしやすい横浜六浦霊園では霊園見学を実施中です。心よりご来園お待ち申し上げます。

横浜の大規模民間墓地
横浜六浦霊園 自然豊かで海の見える本格霊園 [大型駐車場有]

花壇のお花が楽しい霊園(横浜の六浦霊園)

六浦霊園

宗教自由の大型公園墓地・霊園、バリアフリーで楽々お墓参りをすることができます。神奈川県内や東京都からの交通アクセスも抜群です。[大型駐車場有]


関連タグ:
カテゴリー:横須賀市ニュース・霊園・墓地情報   最終更新日:2017年8月22日
「横須賀市ニュース・霊園・墓地情報」関連の記事一覧
改葬の手引き
手続き・費用などお気軽にご相談ください
小冊子を無料進呈!

霊園・祭祀の基礎知識
お墓の選び方から法要・葬儀まで、霊園・祭祀の基礎知識をご紹介します。

ライン