地域情報トップ >>  大田区ニュース・霊園・墓地情報 > 横浜地域別の六浦霊園の行き方

大田区ニュース:梅満開の池上梅園

まだまだ寒く春は遠いように感じますが、自然は着実に春の訪れを告げています。
今回、東京都大田区にある池上梅園に行ってきました。訪問は2014年3月7日、小雪が舞うすごく寒い日でしたが、多くの梅の木がほぼ満開を迎えていました。

大田区立の池上梅園入口

大田区立の池上梅園入口

大田区立 池上梅園
住所:東京都大田区池上2-2-13
電話番号:03(3753)1658
【入園料】大人(16歳以上65歳未満) 100円   小人(6歳以上16歳未満)  20円
6歳未満や65歳以上は入園無料です。

公共交通機関で池上梅園に来園の方は、都営地下鉄浅草線の南の終着駅「西馬込駅」が最寄り駅となります。西馬込駅の南口から出て、国道1号線を南下し徒歩10分程度で池上梅園に着きます。

大田区立の池上梅園(入場料:大人100円)

大田区立の池上梅園

階段の横に張り出す梅の枝(大田区立・池上梅園)

階段の横に張り出す梅の枝

階段を上り見晴らしの良い四阿(大田区立・池上梅園)

階段を上り見晴らしの良い四阿

急峻な石の階段では手摺につかまって(大田区立・池上梅園)

急峻な石の階段では手摺につかまって




入口に入ると左側に受付があり、大人100円(65歳以上無料)を払い入園します。目の前に広がる色とりどりの梅の花。微かに甘い香りがしてきます。
少し急峻な階段を上っていくと、梅の木を様々な角度で楽しむことができます。上るにつれ目線が高くなり、まるで空を飛んで上から梅林を見ているような感じです。

訪問日は平日でとても寒い日でしたが、多くの方が梅を愛でに訪れていました。親子連れやご友人同士、また梅の花を写真に収めようとする方も多かったようにお見受けしました。

春を感じる梅の花(大田区立・池上梅園)

春を感じる梅の花

満開を迎える梅(大田区立・池上梅園)

満開を迎える梅

春の訪れを感じる艶やかな梅(大田区立・池上梅園)

春の訪れを感じる艶やかな梅

可憐な白梅(大田区立・池上梅園)

可憐な白梅




梅の種類は詳しくないですが、枝垂れ梅の「緑がく枝垂」「藤牡丹枝垂」、紅白の花を咲き分ける「おもいのまま」、開花が少し遅い「八重揚羽」などがみられます。撮影日は3月7日でしたが、まだ花の蕾も残っていて、しばらくは梅の艶やかな花を楽しめそうです。

趣味の発表や歓談ができる和室(大田区立・池上梅園)

趣味の発表や歓談ができる和室

情緒のある数寄屋造りの日本家屋(大田区立・池上梅園)

数寄屋造りの日本家屋


茶室のお庭に咲く梅の花(大田区立・池上梅園)

茶室のお庭に咲く梅の花

甘酒でホッと一息(大田区立・池上梅園)

甘酒でホッと一息




池上梅園は池上本門寺の西側にあり、丘陵斜面一面に梅林になっています。梅園の敷地内には歴史ある数寄屋造りの日本家屋が移築され、茶会や句会など趣味や芸術を楽しむ方が利用されています。
園内散策に疲れたら、甘酒でホッと一息してみては如何でしょう。

春の訪れを実感できる池上梅園。家に閉じこもりがちな冬の季節から、暖かくなる春を感じにお出かけは如何でしょうか。池上梅園と一緒に、呑川沿いを歩き隣の池上本門寺に参拝も楽しいです。
六浦霊園でも、春の霊園見学会を実施しております。お出かけの際には、アクセス便利な六浦霊園に是非ご来園ください。


関連タグ:
カテゴリー:大田区ニュース・霊園・墓地情報   最終更新日:2014年8月30日
「大田区ニュース・霊園・墓地情報」関連の記事一覧
改葬の手引き
手続き・費用などお気軽にご相談ください
小冊子を無料進呈!

霊園・祭祀の基礎知識
お墓の選び方から法要・葬儀まで、霊園・祭祀の基礎知識をご紹介します。

ライン