大田区・池上梅園へ春を見つけに<2015梅祭り>

都内でも有名な梅の名所、池上梅園で梅が見ごろを迎えています。2015年2月25日現在、紅梅も咲き始めて7分咲きとなっており、紅白合わせたいろ鮮やかな園内になっています。池上梅園がある東京都大田区は、六浦霊園と同じ京浜急行が通っておりアクセスも非常に良好です。

池上梅園に咲く白梅 2015年2月14日撮影(大田区)

池上梅園に咲く白梅 2015年2月14日撮影(大田区)


大田区立 池上梅園
住所:東京都大田区池上2-2-13
電話番号:03(3753)1658
【入園料】大人(16歳以上65歳未満)100円 小人(6歳以上16歳未満)20円
     6歳未満や65歳以上は入園無料です。

池上梅園に訪問した日は、北風が強い冬晴れでしたが、陽光が差し込む青空で春の陽気を感じました。池上梅園に到着すると、池上本門寺から続く丘の斜面に広がる梅林に圧倒されます。まるで屏風のように広がる梅林です。

東京都大田区にある池上梅園

東京都大田区にある池上梅園

入園料100円(大人)冊子を貰って散策(大田区・池上梅園)

入園料100円(大人)冊子を貰って散策




陽光を浴びる池上梅園2015年2月14日撮影(大田区)

陽光を浴びる池上梅園2015年2月14日撮影

青空に映える白梅(大田区・池上梅園)

青空に映える白梅




開花していたのは白梅が中心でしたが、青空にとても映える梅の花に魅了されます。入口近くの広い園路にはベンチが並べられており、暖かな春の陽光を浴びながら、屏風のように広がる梅林を観ることができます。

池上梅園の魅力は、その屏風のような梅林の中に入ってしまうことです。階段を上れば空が近づくような感覚になり、園内をぐるっと巡れる回廊が設置してあり、梅の花を間近に愛でることができます。階段は緩やかで手すりも付いており、年配の方でも安心して上れます。

池上梅園に咲く白梅 2015年2月14日撮影(大田区)

池上梅園に咲く白梅 2015年2月14日撮影

梅の花を近くに見える天空回廊(大田区)

梅の花を近くに見える天空回廊




梅が咲く見晴台のあずま屋でお弁当(大田区)

梅が咲く見晴台のあずま屋でお弁当

高台から梅を愛でる池上梅園(大田区)

高台から梅を愛でる池上梅園




池上梅園の休憩所に飾られた手作りお雛さま(大田区)

池上梅園の休憩所に飾られた手作りお雛さま

池上梅園で見られる梅の種類一覧(大田区)

池上梅園で見られる梅の種類一覧




甘酒など温かい飲み物、食べ物を提供する休憩所には、手作りの可愛いお雛さまが飾られ春の訪れを感じます。
最新の開花状況としては、2015年2月25日現在で7分咲きと大田区役所サイトで発表になっています。間もなく満開を迎える池上梅園は、3月まで楽しめるとのことです。

池上本門寺 日蓮宗の大本山(東京都大田区)

池上本門寺 日蓮宗の大本山

池上梅園の近くには、日蓮宗の大本山「池上本門寺」があり、梅を観賞散策に合わせて参拝する方も多いようです。
創建は1282年と古い池上本門寺は、信仰で参拝するのはもちろんのこと、江戸時代には身近で楽しい行楽やエンタテイメントのお寺さんとして親しまれていました。

Utagawa Hiroshige Edoziman Oeshiki.jpg

"Utagawa Hiroshige Edoziman Oeshiki" by 歌川広重 - 江戸自慢三十六興・池上本門寺会式. Licensed under パブリック・ドメイン via Wikipedia.

二代目歌川広重により、池上本門寺で行われる毎年10月のお会式の当時の活気が描かれております。お寺参りに合わせ多くの出店が軒を連ね、多くの参拝客が昼夜を問わず賑わったようです。現代においてもこのお会式には約30万人の人出があり、大変混雑するそうです。

下町の風情が色濃く残るこの大田区の中でも、特に江戸情緒のが残る池上本門寺周辺。春を探しにご夫婦、ご友人でそぞろ歩きは如何でしょうか。



池上梅園がある東京都大田区から、横浜市金沢区の六浦霊園へは交通アクセスも非常に良好です。お車でご来園は横羽線から横浜横須賀道路「朝比奈I.C.」おりて約10分。電車でも京急蒲田駅から京急の急行新逗子行きで、乗り換えなしで最寄りの「六浦駅」に到着できます。
ご自宅から容易にお墓参りができる、理想的な距離にある六浦霊園をご検討してみては如何でしょうか。


関連タグ:
カテゴリー:大田区ニュース・霊園・墓地情報   最終更新日:2015年2月26日
「大田区ニュース・霊園・墓地情報」関連の記事一覧
改葬の手引き
手続き・費用などお気軽にご相談ください
小冊子を無料進呈!

霊園・祭祀の基礎知識
お墓の選び方から法要・葬儀まで、霊園・祭祀の基礎知識をご紹介します。

ライン