横浜開港祭2016開催!ビーム光線が幻想的な花火大会

横浜に夏の訪れを告げる横浜開港祭2016ですが、今年も花火大会でフィナーレを迎えます。まだ明るい夕方から、メイン会場の臨港パークには、多くの花火観覧者が集まってきます。首都圏では夏のシーズン最も早い花火大会とされ、横浜市民だけでなく、市外からも多くの来場者が観覧に訪れるそうです。

6月2日横浜開港祭のこの日、横浜市立の小中学生、高校生は休日であり、子ども連れのご家族が多く来場されていました。注目の開港祭フィナーレとなる花火大会「ビームスペクタクルinハーバー」をご報告します。

レーザー光線と花火の競演(横浜開港祭2016年6月2日)

レーザー光線と花火の競演

名称:第35回横浜開港祭 2016年6月2日開催ビームスペクタクルinハーバー
住所:神奈川県横浜市西区, 西区みなとみらい1丁目1−1
【アクセス】
・みなとみらい線「みなとみらい駅」から徒歩約5分
・首都高横羽線「みなとみらいインター」から自動車で約5分で到着します。
横浜六浦霊園からは、横浜横須賀道路を利用して車で約30分で臨港パークに到着します。
駐車場有り(有料)。トイレ有り。
※駐車場も限られておりますので公共交通機関のご利用をお薦めします。

6月2日にこだわる開港記念日

なぜ、開港記念日が中途半端な6月2日となったのか、多くの方が疑問を持つと思います。その理由は江戸時代に遡ります。新暦では、1859年7月1日に開港した横浜港。当時は旧暦(太陰暦)が一般的でしたので、旧暦で6月2日が開港記念日となりました。新暦(グレゴリオ暦)に移行後も6月2日にこだわって開催されています。
一方、開港記念日はともかく、開港祭を土曜日、日曜日に開催すべきだという意見もあるそうです。

今年の6月2日は、平日の木曜日とあって臨港パークへの出足もゆっくり。会場到着は午後5時ぐらいでしたが、十分花火観覧ポイントを確保できる状況でした。それでも浴衣姿の女性たちも多く見かけ、花火大会の雰囲気満点です。

花火観覧の浴衣姿の女性(横浜開港祭2016年6月2日)

花火観覧の浴衣姿の女性

花火観覧客をハマー君がお出迎え(横浜開港祭2016年6月2日)

花火観覧客をハマー君がお出迎え




港横浜らしいグルメが楽しめる屋台(横浜開港祭2016年6月2日)

港横浜らしいグルメが楽しめる屋台

花火前に鯵の唐揚げを堪能(横浜開港祭2016年6月2日)

花火前に鯵の唐揚げを堪能




横浜開港祭のマスコットキャラクター「ハマー君」は、昨日に続き本日も出ずっぱりのようです。すぐに子どもたちに囲まれてママたちの記念撮影会になっていました。

花火打ち上げにはまだ時間がありますので、お腹を満たすため屋台を巡りました。屋台の中でも港横浜ならでは、海の幸を提供するお店も多かったです。丸ごと素揚げした鯵は、骨まで柔らかく大変おいしかったです。
お腹も満足するころ、夜の帳が下りてきていました。メインステージではアイドルや合唱団のコンサートが行われ、花火打ち上げに向けて気分も高まります。

アイドルのコンサートで花火を盛り上げる(横浜開港祭2016年6月2日)

コンサートで花火を盛り上げる

夜闇が近づく花火会場で合唱コンサート(横浜開港祭2016年6月2日)

夜闇が近づく花火会場で合唱コンサート




横浜開港祭の花火大会は、打ち上げまで飽きさせません。途切れることのないダンスや歌のライブが楽しめ、大興奮のまま花火大会へつながります。直前にはドリーム・オブ・ハーモニーの合唱が始まりました。一般公募の横浜市民約1,000人で結成された合唱団で、童謡やアニメから歌謡曲まで、年代を超え口ずさめる歌が多かったです。

花火とレーザー光線 幻想的な横浜開港祭の花火大会

メインステージの照明もいったん消灯し、間もなく花火が打ち上がります。

ベイブリッジ後景に打ち上がった花火(横浜開港祭2016年6月2日)

ベイブリッジ後景に打ち上がった花火

レーザー光線や炎が会場を幻想空間に(横浜開港祭2016年6月2日)

レーザー光線や炎が会場を幻想空間に




横浜の夜空に大輪の花火が咲く(横浜開港祭2016年6月2日)

横浜の夜空に大輪の花火が咲く

レーザー光線と花火の競演(横浜開港祭2016年6月2日)

レーザー光線と花火の競演




炎も上がり花火大会もクライマックスへ(横浜開港祭2016年6月2日)

炎も上がり花火大会もクライマックスへ

花火大会も最高潮!会場から大歓声(横浜開港祭2016年6月2日)

花火大会も最高潮!会場から大歓声




ビームスペクタクルinハーバーと題するだけあって、レーザー光線が臨港パークを照らし出します。特殊な光線により幻想的な雰囲気となった臨港パーク、昼間とは打って変わる異空間となります。音楽にもこだわりがあって、リズムに合わせて花火が打ち上がります。

横浜港に咲いた大輪の花火の先には、ライトアップされた横浜ベイブリッジを臨みます。港横浜の雰囲気満点の花火大会を、満喫した1日でした。


横浜開港祭の花火大会が終えると、夏を迎える横浜。夏のお出かけの予定もそろそろ決めなければなりません。熱中症にはくれぐれも気を付けながら、海へ山へ出かけていきましょう。
行楽にお出かけの際は、霊園見学会を実施している横浜六浦霊園にもお出で下さい。心よりご来園お待ち申し上げます。

横浜の大規模民間墓地
横浜六浦霊園 自然豊かで海の見える本格霊園 [大型駐車場有]

花壇のお花が楽しい霊園(横浜の六浦霊園)

六浦霊園

宗教自由の大型公園墓地・霊園、バリアフリーで楽々お墓参りをすることができます。神奈川県内や東京都からの交通アクセスも抜群です。[大型駐車場有]



関連タグ:
カテゴリー:西区ニュース・霊園・墓地情報   最終更新日:2016年6月3日
「西区ニュース・霊園・墓地情報」関連の記事一覧
改葬の手引き
手続き・費用などお気軽にご相談ください
小冊子を無料進呈!

霊園・祭祀の基礎知識
お墓の選び方から法要・葬儀まで、霊園・祭祀の基礎知識をご紹介します。

ライン