横浜マラソン2016開催!2万5千人が疾走<行楽情報>

今年2016年、2回目のフルマラソン開催となった横浜マラソン2016。フルマラソン(42.195km)、10km、車いす(10km、2km)合わせて2万5千人のランナーが参加し、3月13日に開催されました。

最近、若年者だけでなく体力維持のため、ご年配の方でもランニングやウォーキングがブームです。特に市民マラソンは、完走制限タイムも長く、多くの人が参加しやすいと感じているのではないでしょうか。

横浜マラソン2016のレース当日は曇り空で、気温も10℃以下と寒い日となりました。私の参加したのは10km走の競技で短めでしたが、港町横浜を満喫できるコースでした。

横浜マラソン10km(2016年3月13日撮影)

横浜マラソン10km(2016年3月13日撮影)

名 称 :横浜マラソン2016(3月13日開催)
住 所 :神奈川県横浜市西区みなとみらい1丁目1−1 パシフィコ横浜大会本部
【交通アクセス】
・公共交通機関:みなとみらい線「みなとみらい駅」から徒歩で約5分
・お車でご訪問:首都高「みなとみらいインター」から約3分
◆横浜六浦霊園からは首都高湾岸線を利用し、みなとみらい地区に約30分で到着します。

横浜マラソンに参加ランナーは、まずパシフィコ横浜に集合します。朝6時30分に更衣室、荷物預り所が開場されました。早朝でまだ眠そうな方も多かったですが、前日までに交付されたゼッケンを胸につけ、8時30分のスタートの準備を整えます。

横浜マラソン手荷物預けのパシフィコ横浜(2016年3月13日撮影)

横浜マラソン手荷物預けのパシフィコ横浜

スタート地点のベイクウォーター集合(横浜マラソン2016年3月13日撮影)

スタート地点のベイクウォーター集合




参加人数は約2万5千人の市民マラソン(2016年3月13日撮影)

参加人数は約2万5千人の市民マラソン

林市長と大会アンバサダー剛力彩芽さん(横浜マラソン2016年3月13日撮影)

林市長と大会アンバサダー剛力彩芽さん




さすがに2万5千人が一緒にスタートラインを切ることができません。横浜マラソンでは将棋倒しなど事故を防ぐため、A~Gまで7つのグループに分けた時差スタートとなります。Aグループ後方に並んだ私は、スタートの号砲が鳴ってから、スタートラインを跨いだのがなんと約5分後でした。

スタートラインには、林文子横浜市長や大会アンバサダーの剛力彩芽さんがレースの完走を願って手を振ってもらいました。商業施設のベイクウォーターを過ぎると集団全体が急に加速し、ランナーはマラソンモードに切り替えていきます。

赤レンガ倉庫前を疾走するランナー(横浜マラソン2016年3月13日撮影)

赤レンガ倉庫前を疾走するランナー

約5km地点の横浜スタジアム前(横浜マラソン2016年3月13日撮影)

約5km地点の横浜スタジアム前




今年の横浜マラソンは、みなと横浜の名所を回る贅沢なコースです。横浜市中央卸売市場を過ぎると右折し、みなとみらい地区の高層ビル街を抜けます。ランドマークタワーや大観覧車を見上げながら、赤レンガ倉庫前を疾走。沿道には観客が多く、「ガンバレ!」との声援がとび一層走りに力が入ります。

3km過ぎには県庁などがあるレトロモダンの街並みを通過。横浜スタジアムを一周します。ここにもまた大勢の観覧の方々がいらっしゃって、いっぱい応援をいただきました。

普段は車の往来が多い関内エリアですが、この横浜マラソンの日だけはマラソンランナーが車道のど真ん中を走ることができます。めったに体験できない公道でのマラソン、まるで夢のような気分でした。そんなマラソンを楽しんでいる人もいれば、真剣にスポーツとして完走タイムを追い求めて走っている人もいます。
まもなく、6km近くで山下公園前の大通りに出て第二給水所が見えてきました。

ケヤキ並木を快走するランナー(横浜マラソン2016年3月13日撮影)

ケヤキ並木を快走するランナー

喉の渇きをいやす第二給水地点(横浜マラソン2016年3月13日撮影)

喉の渇きをいやす第二給水地点




沿道には子どもたちの応援(横浜マラソン2016年3月13日撮影)

沿道には子どもたちの応援

山下公園氷川丸の横を通るコース(横浜マラソン2016年3月13日撮影)

山下公園氷川丸の横を通るコース




山下公園前の銀杏並木の大通りに出ると第二給水所。ランナーそれぞれ喉の渇きをいやします。給水所の近くでは可愛いチアリーディングによる応援がありました。海に面した山下公園の横を走った時の気分は最高です。とはいえ私は少し疲れを感じ、足がだんだん重くなってきました。練習不足が否めません。

ここ山下公園前でフルマラソンと10km走とコースが分かれます。フルマラソンのコースでは給水所ごとに様々趣向を凝らした演出があります。ジャズ演奏の応援やシェイカーを振るバーテンダーなど、横浜マラソンならではの給水ポイントがあります。

山下公園前大通りを埋め尽くすランナー(2016年3月13日撮影)

山下公園前大通りを埋め尽くすランナー

横浜マラソン10km山下公園のゴール(2016年3月13日撮影)

横浜マラソン10km山下公園のゴール




私の参加した10km走は、山下ふ頭の倉庫街をめぐり山下公園のゴールを迎えます。マリンタワーに向かってラストスパートは、横浜で走っていることを実感させてくれました。多くの称賛の声に包まれながらフィニッシュゲートをくぐった時、これまでの練習の成果を出し切った達成感でいっぱいでした。

横浜マラソンのフルマラソンコースは、横浜六浦霊園がある金沢区の横浜南部市場で折り返し、パシフィコ横浜に戻ってきてゴールです。今年の完走率は10kmで99.7%、フルマラソンで94.4%の方がゴールラインを切りました。日頃の練習の成果は思う存分出せましたでしょうか。私自身も来年はフルマラソンに参加したいと強く感じました。

横浜マラソンで活き活き健康生活

横浜マラソンの参加年齢には上限がありません。手軽に始められ、自分のペースで進められるランニングやジョギングは、まだまだ若々しく生活したい方、特にご年配の方々に最適な運動になっています。なにか目標をもって運動すると、上達も早いし楽しいと思います。毎年開催される横浜マラソンを目標に、健康的な生活を目指してみてはいかがでしょうか。

横浜市金沢区の海の公園でも、多くのランナーが日々練習に勤しんでいらっしゃいます。車や信号を気にすることなく長距離を練習できる絶好のスポットと言えます。海の公園は、トイレや休憩所、コインロッカーなどの設備も整っており市民ランナーにはもってこいの場所です。

スポーツ拠点でもある金沢区に横浜六浦霊園があります。運動で汗を流した後は、霊園見学にいらっしゃってみてはいかがでしょうか。交通アクセスは、金沢シーサイドラインで金沢八景に、京急逗子線の「六浦駅」から無料送迎バスで3分です。皆様のご来園をお待ち申しあげます。


横浜の大規模民間墓地
横浜六浦霊園 自然豊かで海の見える本格霊園 [大型駐車場有]

花壇のお花が楽しい霊園(横浜の六浦霊園)

六浦霊園

宗教自由の大型公園墓地・霊園、バリアフリーで楽々お墓参りをすることができます。神奈川県内や東京都からの交通アクセスも抜群です。[大型駐車場有]


【横浜市西区の情報・横浜六浦霊園への行き方】
横浜市西区のニュースと霊園・お墓情報
横浜市西区から六浦霊園への行き方と地図【自動車でご来園】
横浜市西区から六浦霊園への行き方と地図【電車ご利用】


関連タグ:
カテゴリー:中区ニュース・霊園・墓地情報   最終更新日:2016年3月15日
「中区ニュース・霊園・墓地情報」関連の記事一覧
改葬の手引き
手続き・費用などお気軽にご相談ください
小冊子を無料進呈!

霊園・祭祀の基礎知識
お墓の選び方から法要・葬儀まで、霊園・祭祀の基礎知識をご紹介します。

ライン