ラーメン女子博'17開催!全国の絶品ラーメンが集結

今年(2017年)で3回目の開催となったラーメン女子博。春の赤レンガ倉庫で「ラーメン大好き女子」が集まる、定番イベントとして定着しています。年を追うごとに入場者数を伸ばしているようで、昨年の8万人を超える10万1千人入場者数だったそうです。

会場の赤レンガ倉庫は有名な観光スポットですが、六浦霊園からも気軽に行ける場所で、お墓参りと合わせてラーメンを楽しんだ方もいらっしゃるのではないでしょうか。春本番を感じる横浜で開催された「ラーメン女子博2017」をレポートします。

ラーメン仮設店舗に長い行列(赤レンガ倉庫2017年3月18日)

ラーメン仮設店舗に長い行列

名称:ラーメン女子博2017 横浜赤レンガ倉庫
開催日時 :2017年3月16日~3月22日
住所:神奈川県横浜市中区赤レンガ倉庫 特設会場
【アクセス】
・横浜みなとみらい線「馬車道駅」「日本大通り駅」から徒歩約5分
◆六浦霊園から電車では、京急「六浦駅」から「横浜駅」で乗り換え。
 横浜みなとみらい線に乗り「馬車道駅」「日本大通り駅」から徒歩約5分で到着します。
◆六浦霊園からお車では、横浜横須賀道路を経由して
 首都高「みなとみらいインター」で降ります。約3分で赤レンガ倉庫に到着します。
駐車場あり(有料)。トイレ有り。

女子待望!絶品ラーメンが集結しました

イベントの趣旨は、『女性が一人でもラーメンを食べる事の出来るカルチャーを広めたい』とのこと。プロデューサーである森本聡子さんは、年間600杯のラーメンを食べ歩くまさにラーメン女王。

そんな森本さんが厳選した12店舗が横浜の赤レンガ倉庫に集結しました。まだまだ、一人でラーメン屋さんに入ることを気兼ねする女性のために、様々な気配りがされたイベントとなっていました。

ラーメン女子博2017赤レンガ会場(2017年3月18日)

ラーメン女子博2017赤レンガ会場

ラーメン仮設店舗に長い行列(赤レンガ倉庫2017年3月18日)

ラーメン仮設店舗に長い行列




年間を通して様々なイベントが行われる赤レンガ会場は、昼を少し過ぎたこの時間でもラーメンを求める女性たちの長蛇の行列ができていました。

ラーメン女子博と言えども、男子禁制ではありません。恋人同士でラーメンをすすり合うカップル、お子さんを連れたママさんグループなど様々。なかには男性お一人の方も・・・もちろん入場OKだそうです。

恋人同士でラーメンを楽しむ(赤レンガ倉庫2017年3月18日)

恋人同士でラーメンを楽しむ

女子も気軽にラーメンを食す(赤レンガ倉庫2017年3月18日)

女子も気軽にラーメンを食す




とはいえ、男性の前でラーメンを食べるのに気が引けるという女性のために、「女性専用席」も用意されていました。各テーブルには、シュッシュも設置されており、女性がラーメンを思う存分楽しむイベントになって言います。

女性専用席もあるラーメン女子博(赤レンガ倉庫2017年3月18日)

女性専用席もあるラーメン女子博

女子もラーメンが食べたい!(赤レンガ倉庫2017年3月18日)

女子もラーメンが食べたい!




美味しそうなラーメンの香りが漂う赤レンガ倉庫。私のお腹も減ってきました。

女子に配慮されたラーメン注文のシステム

ラーメン女子博は、全てのラーメンが統一料金900円。まずはチケットを購入し、好きなラーメン店に並ぶだけです。各ラーメン店舗では、様々なトッピングが用意されており、お好みでチャーシューやノリ、または全部のせ等を直接オーダーする仕組みです。

ラーメンですので作り置きはできません。注文のたびに麺を茹で具をのせて提供されるので、どうしても長蛇の行列になってしまいます。行列の最後尾には、おおよその待ち時間なども表示されていて、それほど苦にはなりませんでした。

赤レンガ倉庫がラーメンの香りで包まれる(2017年3月18日)

赤レンガ倉庫がラーメンの香りで包まれる

長蛇の行列もラーメンが楽しみ(赤レンガ倉庫2017年3月18日)

長蛇の行列もラーメンが楽しみ



テーブルも満席!ラーメン大満足(赤レンガ倉庫2017年3月18日)

テーブルも満席!ラーメン大満足

博多とんこつラーメンとマリン風ラーメン(赤レンガ倉庫2017年3月18日)

博多とんこつラーメンとマリン風ラーメン




とうとうお目当てのラーメンが到着。博多とんこつ系の「一幸舎」さんの元祖泡系とんこつラーメンと、東京・蒲田にあるマリン風ラーメン「麺屋Voyage」さんの白醤油麺を頂きました。どちらも特徴的な麺やスープで甲乙つけがたいです。様々なラーメンを一度に楽しめるのは、このイベントの醍醐味ですね。

春本番を迎えた横浜赤レンガ倉庫は、今後もイベント目白押しです。4月1日からは15回目を数え、赤レンガ倉庫が自然豊かな中庭に大変身する「NAKANIwA(ナカニワ) ~FLOWER GARDEN」、4月28日からのゴールデンウィーク期間は、ドイツのビールや音楽が楽しめる春祭り「FruhingsFEST2017(フリューリングスフェスト)」が開催されます。

春爛漫の横浜をもっと楽しんでみませんか。軽い服装になり、心も弾む春を感じにお出かけしてみましょう。そして、横浜六浦霊園でも霊園見学会を実施中です。


横浜六浦霊園へは、みなとみらい線日本大通り駅から最短約40分で最寄りの六浦駅に到着します。お車でも京浜急行でもお墓参りしやすい横浜六浦霊園では霊園見学を実施中です。心よりご来園お待ち申し上げます。

横浜の大規模民間墓地
横浜六浦霊園 自然豊かで海の見える本格霊園 [大型駐車場有]

花壇のお花が楽しい霊園(横浜の六浦霊園)

六浦霊園

宗教自由の大型公園墓地・霊園、バリアフリーで楽々お墓参りをすることができます。神奈川県内や東京都からの交通アクセスも抜群です。[大型駐車場有]


関連タグ:
カテゴリー:中区ニュース・霊園・墓地情報   最終更新日:2017年3月22日
「中区ニュース・霊園・墓地情報」関連の記事一覧
改葬の手引き
手続き・費用などお気軽にご相談ください
小冊子を無料進呈!

霊園・祭祀の基礎知識
お墓の選び方から法要・葬儀まで、霊園・祭祀の基礎知識をご紹介します。

ライン