日本大通りのイチョウ並木<紅葉2016>

秋雨が終わり、冬を思わす寒さが急に訪れた今年(平成28年)の秋です。10月は暖かかったせいか、紅葉の色づきも少し遅めのようです。横浜市内の紅葉の名所へ、秋の色づきを求めて紅葉狩りに出かけました。

一足早く色づくのはケヤキや銀杏。その後、紅葉の代名詞であるモミジに移ってきます。横浜各所にイチョウ並木がありますが、もっとも有名なのは日本大通りのイチョウではないでしょうか。日本大通りは、横浜六浦霊園から電車でもお車でも気軽に訪れることのできる、関内にあります。見ごろを迎える日本大通りのイチョウ並木をご報告します。

青空に映える色づくイチョウ(日本大通り2016年11月13日)

青空に映える色づくイチョウ(日本大通り2016年11月13日)

名称:日本大通りのイチョウ並木
撮影日時 :2016年11月13日撮影
住所:神奈川県横浜市中区日本大通
【アクセス】
・横浜みなとみらい線「日本大通り駅」から徒歩約0分
・首都高横羽線「横浜公園インター」からお車で約3分
◆六浦霊園から電車では、「六浦駅」から京浜急行に乗ります。
 「横浜駅」でみなとみらい線に乗り換え、「日本大通り駅」から徒歩約0分で到着します。
◆六浦霊園からお車では、横浜横須賀道路を経由して
 「横浜公園インター」からお車で約3分で到着します。
駐車場あり(周辺の民間駐車場、有料)。

黄色と緑のグラデーション、日本大通りのイチョウ並木

スッキリとした秋晴れの日曜日、例年よりは少し遅れ気味でイチョウが色づき始めました。日本大通りを訪れた11月13日は、黄色と緑のグラデーション模様でした。

それでも日当たりのよい場所や、横浜港からの冷たい風が吹き抜ける大通り沿いのイチョウは色づき始めています。例年ならすでに、イチョウの葉が落ちて歩道が黄色い絨毯になっていますが、まだこの日はまだら模様でした。

青と黄の日本大通りの銀杏並木(2016年11月13日)

青と黄の日本大通りの銀杏並木

銀杏の黄色の絨毯はまだ(日本大通り2016年11月13日)

銀杏の黄色の絨毯はまだ



イチョウ並木と歴史的建造物

日本大通りは、1854年アメリカ軍のぺリー提督が2回目の来航した際に、江戸幕府と日米和親条約を締結した地として有名です。港に黒船が浮かび、居並ぶ米国船員を前にペリーを迎える和装の武士の絵で描かれました。

横浜港開港が決まり、貿易や外交の場として一気に発展していきました。その当時の名残を、神奈川県庁庁舎など歴史的建造物に見ることができます。そのレンガ造りの建物を囲むようにイチョウが黄色く色づいていました。いまやビルの谷間にあり、気づかず通り過ぎてしまう方もいるかもしれません。ただイチョウが色づく秋のひと時、多くの方が足を止め、目を向ける黄色の世界となります。

神奈川県庁とイチョウ(日本大通り2016年11月13日)

神奈川県庁とイチョウ(日本大通り2016年11月13日)

黄色になり始めた銀杏(日本大通り2016年11月13日)

黄色になり始めた銀杏




間もなくイチョウの見ごろを迎える日本大通り。紅葉は、最低気温が8℃以下の日が続くとグッと色づきが早まります。11月中旬から下旬にかけて、イチョウの葉で黄色に染め上げられる日本大通りを訪れたいと思います。


日に日に秋が色濃くなっていくこの時期、ご家族やご友人と、少し足を伸ばして紅葉狩りに出かけては如何でしょうか。

横浜六浦霊園へは、みなとみらい線日本大通り駅から最短約40分で最寄りの六浦駅に到着します。お車でも京浜急行でもお墓参りしやすい横浜六浦霊園では霊園見学を実施中です。心よりご来園お待ち申し上げます。

横浜の大規模民間墓地
横浜六浦霊園 自然豊かで海の見える本格霊園 [大型駐車場有]

花壇のお花が楽しい霊園(横浜の六浦霊園)

六浦霊園

宗教自由の大型公園墓地・霊園、バリアフリーで楽々お墓参りをすることができます。神奈川県内や東京都からの交通アクセスも抜群です。[大型駐車場有]



カテゴリー:中区ニュース・霊園・墓地情報   最終更新日:2016年11月14日
「中区ニュース・霊園・墓地情報」関連の記事一覧
改葬の手引き
手続き・費用などお気軽にご相談ください
小冊子を無料進呈!

霊園・祭祀の基礎知識
お墓の選び方から法要・葬儀まで、霊園・祭祀の基礎知識をご紹介します。

ライン