開港祭2017◇横浜の夜空を焦がす花火大会開催!

今年2017年も横浜に開港祭がやってきました。江戸時代の安政6年(1859年)、新暦で6月2日に横浜が開港したことを記念するお祭りです。横浜市民だけでなく、市内外から多くのお客様が、メイン会場の臨港パークに集まりました。

横浜六浦霊園にお墓を待つ多くの方も、年に一度の横浜開港祭に訪れたのではないでしょうか。音楽やダンス、美味しい食べ物も楽しみなお祭り。開港祭のフィナーレは、花火大会となりました。

横浜港バックに光と音楽の花火大会(2017年6月3日横浜開港祭)

横浜港バックに光と音楽の花火大会

名称:第36回横浜開港祭(入場無料)
   ビームスぺクトラルinハーバー
開催期間:2017年6月2日~6月3日
住所: 神奈川県横浜市西区みなとみらい1丁目 臨港パーク
【アクセス】
・横浜みなとみらい線「みなとみらい駅」から徒歩約5分
◆六浦霊園から電車では、京急「六浦駅」から「横浜駅」で乗り換え。
 横浜みなとみらい線に乗り「みなとみらい駅」から徒歩約5分で到着します。
◆六浦霊園からお車では、横浜横須賀道路を経由して
 首都高「みなとみらいインター」で降ります。約5分で象の臨港パークに到着します。
近隣にコインパーキングあり(有料)。トイレ有り。

開港158年横浜の誕生日をお祝い

夏のような暑さと陽ざしが降り注ぐ臨港パーク。みなとみらい駅を降りてクイーンズスクエアを抜け、パシフィコ横浜の先に広い芝生と、横浜港の水面が見えれば横浜開港祭会場の臨港パークです。

臨港パークの中央に仮設ステージがあり、様々なイベントが開催していました。いつもは広く感じる臨港パークですが、テントが並び人波が途絶えることなく、大混雑の状況でした。

子供たちに大人気ゆるキャラも登場(2017年6月3日横浜開港祭)

子供たちに大人気ゆるキャラも登場

のど自慢やコンサート開催(2017年6月3日横浜開港祭)

のど自慢やコンサート開催




子供から大人まで老若男女すべてが楽しめるイベントが目白押し。市民によるのど自慢大会など、会場が笑顔に包まれていました。船員組合の「サニーラダー」などゆるキャラも各所に登場し、写真撮影会が開かれていました。

開港祭にいらっしゃた方のお目当ては、やはり花火大会。浴衣姿の女性も多く、にぎやかな会場の中でもとても目立っていました。洋風でハイカラな港町横浜ですが、花火には浴衣が良く似合います

夏日で浴衣の花火観覧客も(2017年6月3日横浜開港祭)

夏日で浴衣の花火観覧客も

屋台が並びB級グルメに舌鼓(2017年6月3日横浜開港祭)

屋台が並びB級グルメに舌鼓




花火が良く見える場所で夜を待つ人々。お腹が空いてきます。会場各所に屋台が並んでおり、様々な食べ物が楽しめます。鶏のから揚げやたこ焼き、暑い日でしたのでビールなども飛ぶように売れています。

臨港パークに一番北側、潮入りの池のステージでは、横浜各地の有志の団体による歌やダンスが披露されています。花火大会までの時間を、飽きさせることなく次々と演目が続きました。

ビームスペクタクルinハーバーの花火大会が開始

みなとみらいにも夕暮れが迫り、徐々に昼間の暑さも落ち着いてきました。会場内はどんどん混雑していきます。「花火まであと何分?」なんて言う子どもからの質問が、聞こえてきました。夜7時20分過ぎ、ついに花火大会が開始しました。

臨港パークは音楽とダンスイベントが続く(2017年6月3日横浜開港祭)

臨港パークは音楽とダンスイベントが続く

横浜港バックに光と音楽の花火大会(2017年6月3日横浜開港祭)

横浜港バックに光と音楽の花火大会




リズミカルな音楽に乗り、ステージからビームが会場内に放たれます。目の前の横浜港に浮かんだ台船から、花火が打ちあがります。花火の光は、みなとみらいの高層ビルを照らしあげ、音は横浜市全体に響いたのではないでしょうか。

メインステージの上部からは、天高く炎を上げる演出。音楽に合わせ、横浜の夜空を焦がします。炎の勢いはすごく、ステージから離れているのに、頬には炎の熱さを感じました。

夜空に炎!ビームスぺクトラルinハーバー(2017年6月3日横浜開港祭)

夜空に炎!ビームスぺクトラルinハーバー

横浜開港祭の花火大会(2017年6月3日)

横浜開港祭の花火大会(2017年6月3日)




約30分間の花火大会も、あっという間に終了。最後には、花火師さんやイベントスタッフに、盛大な拍手が観覧席から送られていました。終了後は、各駅に向かう人の波が続きましたが、事前の告知や現場の注意喚起で、思ったよりスムーズに駅までたどり着きました。

開港祭が終わると、横浜には梅雨のシーズンが到来します。雨がちのお出かけしずらい季節ですが、アジサイが咲き草木が青々とするお花鑑賞も楽しい時期でもあります。ご家族、ご友人を誘ってお出かけしてみては如何でしょうか。


横浜六浦霊園の周辺には、お花や自然を楽しめるスポットが多くあります。金沢自然公園や動物園、八景島シーパラダイスや海の公園。より取り見取りの観光スポットにお出かけしてみては如何でしょうか。
お車でも京浜急行でもお墓参りしやすい横浜六浦霊園では霊園見学を実施中です。心よりご来園お待ち申し上げます。

横浜の大規模民間墓地
横浜六浦霊園 自然豊かで海の見える本格霊園 [大型駐車場有]

花壇のお花が楽しい霊園(横浜の六浦霊園)

六浦霊園

宗教自由の大型公園墓地・霊園、バリアフリーで楽々お墓参りをすることができます。神奈川県内や東京都からの交通アクセスも抜群です。[大型駐車場有]


関連タグ:
カテゴリー:中区ニュース・霊園・墓地情報   最終更新日:2017年6月5日
「中区ニュース・霊園・墓地情報」関連の記事一覧
改葬の手引き
手続き・費用などお気軽にご相談ください
小冊子を無料進呈!

霊園・祭祀の基礎知識
お墓の選び方から法要・葬儀まで、霊園・祭祀の基礎知識をご紹介します。

ライン