ひな祭り◆三渓園で伝統的な桃の節句

梅の花の開花が伝えられていますが、まだまだ寒い日が続く2月下旬です。あっという間に3月、ひな祭りの季節を迎えます。昔懐かしい日本庭園が広がる三渓園は、日本人だけでなく外国の旅行者にとっても大人気のスポットです。

六浦霊園の近くでも春が到来していますが、三渓園でも梅が咲き、桃の節句が訪れています。広い園内の奥の方、旧矢箆原家住宅には昭和初期の素朴なひな人形が飾られていました。女の子のお祝いひな祭りを感じに三渓園を訪問してみました。

小ぶりだが立派な昭和初期のひな人形(三渓園2017年2月24日)

小ぶりだが立派な昭和初期のひな人形(三渓園2017年2月24日)

名 称 :三渓園 ひな祭り
住 所 :神奈川県横浜市中区本牧三之谷58−1
入園料 :大人(中学生以上)500円 こども(小学生以上)200円
【交通アクセス】
・JR根岸線「根岸駅」からバス「本牧」停留所から徒歩で約10分
・JR「横浜駅」からバス「本牧三渓園前」停留所から徒歩で約5分
・お車でご訪問:首都高「横浜公園インター」から約10分
◆六浦霊園から電車では、京急「六浦駅」から「横浜駅」で下車。
 バス「本牧三渓園前」停留所から徒歩で約5分で到着します。
◆六浦霊園からお車では、首都高湾岸線「三渓園インター」を下り約3分で到着します。

春の兆しは三渓園で

全国各地で梅の開花の便りが届きます。寒い冬だと思っていたのですが、平年に比べれば暖かったようで梅の花の開花も早かったそうです。春一番の風も強く、多くの花が散ってしまったようです。春を感じるのは梅の花だけではありません。3月3日のひな祭りも楽しみにしているのではないでしょうか。

三渓園は、日本の古き良き風情のある庭園ですので、外国からのお客様も多く見かけます。日本人でも感動する情景を、心から感じてもらえれば嬉しく思います。

三渓園の入口(2017年2月24日)

三渓園の入口(2017年2月24日)

梅が咲く旧矢箆原家住宅(三渓園2017年2月24日)

梅が咲く旧矢箆原家住宅




本牧の住宅地に近い三渓園の正門から入ると、大池が目に飛び込んできます。その周りをゆっくり散策しながら左手の奥、旧矢箆原家住宅(きゅうやのはらけじゅうたく)に向かいます。

合掌造りの民家に飾られたひな人形

訪問したこの日は平日とあってかお客様もまばら、梅の花が少し残っている庭園を散策します。その梅の木の先に、大きな茅葺屋根が見えてきました。まるで日本昔話で見たようなこの民家「旧矢箆原家住宅」は、1960年(昭和35年)に岐阜県の白川郷から移築されたそうです。

住宅の中は、展示用に照明が当てられていますが本当に薄暗いです。広い室内を進むと奥の部屋にひな人形の段飾りがあり、薄暗い中にほわっと光が当たったように輝くひな壇です。障子から春の薄日が差し込み、それをひな人形の金細工が反射していました。

女性たちが愛でるひな人形(三渓園2017年2月24日)

女性たちが愛でるひな人形

古式ゆかしい昭和のひな人形(三渓園2017年2月24日)

古式ゆかしい昭和のひな人形



福与かな面持ちの女雛(三渓園2017年2月24日)

福与かな面持ちの女雛

小ぶりだが立派な昭和初期のひな人形(三渓園2017年2月24日)

小ぶりだが立派な昭和初期のひな人形




ひな壇、ひな人形はいずれも戦前のもので、大切にされてきたおかげで今もその輝きをとどめています。今のひな人形と違って、少し小ぶりの人形さんたち。面持ちもふくよかな表情をされていました。

ひな人形は、天皇陛下、もしくは皇室の方々の宮中結婚式を模したものとも言われています。女の子たちは、今も昔もきらびやかなひな人形の姿に憧れるのですね。しばらく眺めていると、お人形が飾られた時代の空気を感じることができました。

表情豊かなひな人形(三渓園2017年2月24日)

表情豊かなひな人形

梅の花咲く三渓園三重の塔(2017年2月24日)

梅の花咲く三渓園三重の塔




梅の花も見ごろを過ぎていましたが、三渓園には春が来ていました。大池の周りに残った梅の花の先には、三渓園のシンボル「旧燈明寺三重塔」がそびえ立っていました。

三寒四温、雨のたびに風が暖かくなってまいります。朝晩は少し冷えるので、脱ぎ着できる上着を持って春を感じにお出かけしてはいかがでしょうか。三渓園の係りの方からは、「来月3月末には桜が咲きます。そのころまた是非いらっしゃってください」と声をかけられました。三渓園は桜の名所としても有名ですので、また訪問してみようと考えています。


横浜六浦霊園へは「横浜駅」から京浜急行にご乗車し、最短約23分で六浦駅に到着します。お車でも京浜急行でもお墓参りしやすい横浜六浦霊園では霊園見学を実施中です。心よりご来園お待ち申し上げます。

横浜の大規模民間墓地
横浜六浦霊園 自然豊かで海の見える本格霊園 [大型駐車場有]

花壇のお花が楽しい霊園(横浜の六浦霊園)

六浦霊園

宗教自由の大型公園墓地・霊園、バリアフリーで楽々お墓参りをすることができます。神奈川県内や東京都からの交通アクセスも抜群です。[大型駐車場有]


関連タグ:
カテゴリー:中区ニュース・霊園・墓地情報   最終更新日:2017年2月27日
「中区ニュース・霊園・墓地情報」関連の記事一覧
改葬の手引き
手続き・費用などお気軽にご相談ください
小冊子を無料進呈!

霊園・祭祀の基礎知識
お墓の選び方から法要・葬儀まで、霊園・祭祀の基礎知識をご紹介します。

ライン