彼岸花が咲く西法寺の秋<霊園周辺の行楽>

横浜市営地下鉄ブルーライン「新羽駅」近くにある真言宗西方寺。四季折々の花が咲くことで有名なお寺さんです。特に彼岸花が有名で、カメラを手にしたお花見客で賑わっていました。

秋分の日を中日とする秋のお彼岸ですが、彼岸花は満開となりその時を知らせてくれているようです。独特なお花の形で、極楽浄土の雰囲気を感じる彼岸花を見に西法寺へ行ってきました。

参道に色とりどりの彼岸花(横浜市港北区・西方寺)

参道に色とりどりの彼岸花

名 称 :真言宗 西方寺(さいほうじ)の彼岸花
住 所 :横浜市港北区新羽町2586番地
【電車・バス】交通アクセス
・横浜市営地下鉄ブルーライン 新羽駅下車 徒歩約5分
【自動車】交通アクセス
・第三京浜「港北インター」から自動車で約5分
◆横浜六浦霊園からは、横横道路経由し第三京浜「港北インター」を出て、
 所要時間約30分で西方寺に到着します。


西方寺におじゃました日は、あまり良いお天気ではなかったのですが、多くのお花見に方々がいらっしゃいました。近くの介護施設からと思われるご年配の方々が、車椅子で彼岸花のお花見に来ていらっしゃいました。また、大きなカメラを構えるアマチュア写真家の方々も、彼岸花に魅せられシャッターを切っていました。

彼岸花が参道に咲く真言宗西方寺(横浜市港北区)

彼岸花が参道に咲く真言宗西方寺

黄色や赤の彼岸花(横浜市港北区・西方寺)

黄色や赤の彼岸花(横浜市港北区・西方寺)




彼岸花のお花見客(横浜市港北区・西方寺)

彼岸花のお花見客

四季折々の花が咲く真言宗西方寺(横浜市港北区)

四季折々の花が咲く真言宗西方寺




西方寺の山門へ向かう真っ直ぐ伸びた参道の両サイドに、色とりどりの彼岸花が咲いていました。よく見かける紅色の彼岸花が並び、どこか浮世離れした雰囲気を感じました。

山門に近づくと赤だけでなく、白や黄色の彼岸花が目立ちます。彼岸花に様々な色があるのを、始めて目にしました。花火のように広がる彼岸花が、時折顔を出す太陽を浴びて輝いていました。

珍しい白い彼岸花の前で記念写真(横浜市港北区・西方寺)

珍しい白い彼岸花の前で記念写真

茅葺屋根が特長の真言宗西法寺(横浜市港北区)

茅葺屋根が特長の真言宗西法寺




山門から見渡す彼岸花の参道(横浜市港北区・西法寺)

山門から見渡す彼岸花の参道

西法寺本堂と彼岸花(横浜市港北区)

西法寺本堂と彼岸花(横浜市港北区)




石段を上がり山門をくぐると西法寺の本堂が現れます。茅葺屋根の特徴的な本堂です。山門も鐘楼も同じ茅葺屋根であり、鐘楼は横浜市の文化財になっているそうです。

山門から振り返ると、一直線の参道に咲く彼岸花が見渡せます。山門がピクチャーウィンドウとなり、彼岸花が描かれた一枚の絵画のように感じました。

足早に秋の季節が訪れ、ぐずつく空模様が恨めしい季節です。西方寺は市営地下鉄ブルーライン「新羽駅」に近く、横浜駅で乗り換えれば六浦霊園からも身近な地域です。彼岸花のお花見ついでに六浦霊園へ霊園見学に訪れては如何でしょうか。六浦霊園は、墓参りしやすいバリアフリーの霊園となっていますので、是非あなた様の目でご確認ください。


関連タグ:
カテゴリー:港北区ニュース・霊園・墓地情報   最終更新日:2015年9月18日
「港北区ニュース・霊園・墓地情報」関連の記事一覧
改葬の手引き
手続き・費用などお気軽にご相談ください
小冊子を無料進呈!

霊園・祭祀の基礎知識
お墓の選び方から法要・葬儀まで、霊園・祭祀の基礎知識をご紹介します。

ライン