雪景色☆銀世界の金沢山・称名寺

例年にない厳冬、数十年に一度の大寒波が到来しています。体調を崩す方も多く、風邪などひかれてはいませんでしょうか。

2018年(平成30年)、六浦霊園がある横浜市金沢区でも初積雪にになり、雪かきなどで大変だったかと思います。金沢区にある称名寺さんも一面の銀世界、息を飲むような雪景色をご紹介します。

称名寺・浄土庭園の雪景色(2018年1月23日)

称名寺・浄土庭園の雪景色(2018年1月23日)

名称:金沢山称名寺(読み:きんたくさん しょうみょうじ)の雪景色
撮影:2018年(平成30年)1月23日
住所:神奈川県横浜市金沢区金沢町212-1
【アクセス】
・京浜急行「金沢文庫駅」から徒歩約12分。
・金沢シーサードライン「海の公園柴口駅」から徒歩約10分。
◆六浦霊園から電車では、京急「六浦駅」から「金沢文庫駅」で下車、徒歩約12分で到着します。
 シーサイドライン「海の公園南口駅」又は「海の公園柴口駅」から徒歩10分で到着します。
◆六浦霊園からお車では、国道16号線の「瀬戸神社前」交差点を右折、「洲崎町」を左折します。
 金沢八幡神社から路地に入り、しばらく住宅街を進むと称名寺に到着します。
 駐車場はナシ。金沢文庫周辺の民間駐車場をご利用ください。トイレ有り。

雪化粧の称名寺・浄土庭園

1月22日の昼過ぎから降り始めた雪。事前に天気予報でも伝えられていましたが大雪となりました。深夜には雪はやみ、一面の銀世界となりました。

普段見ることのできない雪景色の称名寺・浄土庭園を拝見しに伺いました。称名寺さんに向かう雪道では、ソロリソロリと金沢文庫駅に向かう通勤の方を多く見かけました。

雪景色の称名寺赤門と参道(2018/1/23)

雪景色の称名寺赤門と参道

大雪で凍り付く称名寺の仁王門(2018/1/23)

大雪で凍り付く称名寺の仁王門




称名寺の赤門前は、通勤の方以外は他人もまばらで静まり返っていました。雪をかぶった瓦屋根の赤門。普段より色濃く見えるのは積もった雪の影響のようです。

参道の桜には雪の花が咲いており、少し早いお花見のようでした。仁王門の横を通り過ぎ、称名寺境内へ。息を飲むような称名寺・浄土庭園の雪景色です。朱塗りの太鼓橋も雪に包まれ、足元に気を付けて渡りました。

雪の積もる称名寺の太鼓橋(2018/1/23)

雪の積もる称名寺の太鼓橋

人影もまばらな称名寺の雪の朝(2018/1/23)

人影もまばらな称名寺の雪の朝




称名寺金堂の大きな瓦屋根も真っ白、鐘楼も雪に包まれた幻想的な光景です。ご本尊の弥勒菩薩には、この雪景色はどのように映っているのでしょうか。

手を合わせた後、ふと目を空に移せばうっすらと夜が明けてきました。朝日の輝きが雪景色の称名寺を照らし始めました。

雪化粧の称名寺に朝日(2018/1/23)

雪化粧の称名寺に朝日があがる

称名寺・浄土庭園の雪景色(2018年1月23日)

称名寺・浄土庭園の雪景色




浄土池をぐるっと回って、太鼓橋と金堂が並んで見える称名寺の絶景スポットへ。モノトーンの雪景色の称名寺、鏡の様になった浄土池に、朝日の赤みが差し込んできました。

記録的な寒波となっている今年の冬。だからこそ貴重な景色を楽しめるチャンスでもあります。防寒着を着込んで、季節の風景を見に行ってみませんか。


横浜市金沢区に六浦霊園周辺には、歴史や文化を感じる寺社仏閣あり、行事や季節のイベントが開催されています。横浜六浦霊園は、お車でも京浜急行でもお墓参りしやすい霊園です。霊園見学を心よりご来園お待ち申し上げます。

横浜の大規模民間墓地
横浜六浦霊園 自然豊かで海の見える本格霊園 [大型駐車場有]

花壇のお花が楽しい霊園(横浜の六浦霊園)

六浦霊園

宗教自由の大型公園墓地・霊園、バリアフリーで楽々お墓参りをすることができます。神奈川県内や東京都からの交通アクセスも抜群です。[大型駐車場有]


関連タグ:
カテゴリー:金沢区ニュース・霊園・墓地情報   最終更新日:2018年1月25日
「金沢区ニュース・霊園・墓地情報」関連の記事一覧
改葬の手引き
手続き・費用などお気軽にご相談ください
小冊子を無料進呈!

霊園・祭祀の基礎知識
お墓の選び方から法要・葬儀まで、霊園・祭祀の基礎知識をご紹介します。

ライン