瀬戸神社の節分祭で豆まき<霊園周辺の行楽情報>

立春の2月3日に全国各地で開催される節分行事「豆まき」。皆様のご家庭でも「福は内」「鬼は外」とお豆を撒いたでしょうか。六浦霊園に近く、金沢八景駅のすぐそば国道16号沿いに瀬戸神社があり、2月3日に開催された節分祭「豆まき」をご報告します。

節分の豆まき(金沢区・瀬戸神社)

節分の豆まき

名 称 : 瀬戸神社 節分祭の豆まき
住 所 : 横浜市金沢区瀬戸18-14
開催日時: 2015年(平成27年)2月3日(火)

金沢八景の瀬戸神社で開催の節分祭

毎年2月3日に行われる瀬戸神社の節分祭。今年も金沢八景駅前商店街の八景共栄会の方々が準備され、地元を始め周辺地域から多くの方々が集まりました。

瀬戸神社の由緒は古く、古墳時代には祭りが行われたことを示す祭祀遺物が出土しているそうです。(瀬戸神社HPより)鎌倉時代になって幕府を開いた源頼朝により、源氏挙兵の伊豆三島神社の分霊を祀ったとのことです。

その後、北条氏や徳川家など多くの武将に篤く崇敬されました。また金沢八景周辺は東京湾の内海に位置していることから船溜まりに適しており、海運の集積地として発展してきました。

その瀬戸神社で節分の豆まきが、まもなく始まります。

節分祭の豆まき(金沢区・瀬戸神社)

節分祭の豆まき

節分の豆まきに境内に集まる人々(金沢区・瀬戸神社)

節分の豆まきに境内に集まる人々




節分の神事 神主様が放つ破魔矢(金沢区・瀬戸神社)

節分の神事 神主様が放つ破魔矢

節分の豆まき(金沢区・瀬戸神社)

節分の豆まき




豆まきが始まる約30分前に瀬戸神社に着きましたが、すでに多くの人が集まっていました。既に約300人はいるでしょうか、豆まきを今か今かと待ち受けます。神主様と裃(かみしも)を身にまとった方々が拝殿にて祝詞を上げた後、豆の入った大きな枡を持って表に出てきました。

神主様による神事、破魔矢を射って豆まきの開始です。
「福は内」「福は内」・・・と唱和しながら豆がまかれます。商いの地であることから「鬼は外」とは言わないそうです。豆まきは複数回行われ、豆を手にできなかった方も何回かチャンスがありました。

豆まきの後のお楽しみ

瀬戸神社で行われた豆まきの豆は、ビニール袋に入れられおり、中にプレゼントのシールが張られています。そのシールによって、商店街の方々がご用意された赤飯やお饅頭、八景焼きなどが配られていました。

節分の豆まき(金沢区・瀬戸神社)

節分の豆まき

節分で手にしたお豆(金沢区・瀬戸神社)

節分で手にしたお豆




豆まきでお饅頭や赤飯と引き換え(金沢区・瀬戸神社)

豆まきでお饅頭や赤飯と引き換え

豆まきでお饅頭や赤飯と引き換え(金沢区・瀬戸神社)

豆まきでお饅頭や赤飯と引き換え




立春とはいえまだまだ寒い日が続きます。暖かいお汁粉も振舞われ、悴んだ手を温める親子が印象的でした。

六浦霊園からとても近く、長い歴史を積み重ねた瀬戸神社。ご参拝して将来のご多幸を祈願するのも良いですし、歴史や文化を探求するのも良いかもしれません。
瀬戸神社がある京急「金沢八景駅」から、六浦霊園がある「六浦駅」は隣り駅です。伝統文化に育まれた金沢の地にある六浦霊園で、お墓を建てることをご検討してみては如何でしょうか。


関連タグ:
カテゴリー:金沢区ニュース・霊園・墓地情報   最終更新日:2015年2月4日
「金沢区ニュース・霊園・墓地情報」関連の記事一覧
改葬の手引き
手続き・費用などお気軽にご相談ください
小冊子を無料進呈!

霊園・祭祀の基礎知識
お墓の選び方から法要・葬儀まで、霊園・祭祀の基礎知識をご紹介します。

ライン