桜満開◇称名寺浄土庭園が春色に染まる(2017年4月10日)

風情のある金沢文庫にある「称名寺」。桜の名所としてはあまりにも有名なお花見スポットです。今年2017年は、ソメイヨシノの開花宣言が発表されてから、寒い日が続きました。前回、訪問した3月31日はまだ1~2分咲きでしたが、それからおよそ10日後のこの日は桜が満開となってました。

六浦霊園から最も近い、お花見に人気スポットである称名寺。参道の桜並木と浄土庭園の池の周りに咲く桜。満開の桜に彩られた称名寺をレポートします。

桜咲く浄土庭園(称名寺2017年4月10日)

桜咲く浄土庭園(称名寺2017年4月10日)

名称:2017称名寺の桜
撮影日時 :2017年4月10日撮影
住所:神奈川県横浜市金沢区金沢町212
【アクセス】
・京浜急行「金沢文庫駅」下車、徒歩約10分
◆六浦霊園から電車では、京急「六浦駅」から「金沢文庫駅」で下車、
 徒歩約10分で称名寺に到着します。
◆六浦霊園からお車では、六浦交差点から国道16号線を北上します。
 君ヶ崎交差点を過ぎ、金沢文庫駅近くの路地に右折します。
 しばらく住宅街を進むと称名寺に到着します。
 駐車場ありません。金沢文庫周辺の民間駐車場をご利用ください。トイレ有り。

春爛漫の桜に包まれた称名寺

称名寺を再び訪れた4月10日。開花から約2週間かかり、ほぼ咲きそろった満開の桜並木です。ボンボリでライトアップされる、称名寺の桜並木ですが、昼間の桜もまた素晴らしかったです。

称名寺の入口。赤門の前では多くの方がカメラを構え、仁王門へと続く満開の桜並木を撮影していました。ピンク色に染まる桜のトンネルに、感嘆の声を上げている方も多くいらっしゃいました。

満開の桜トンネル(称名寺2017年4月10日)

満開の桜トンネル

称名寺参道の桜並木(2017年4月10日)

称名寺参道の桜並木(2017年4月10日)




参道の石畳には、桜の花びらが広がり、頭上も足元も桜色に染まります。開花から満開まで日数のかかった今年の桜。いつ満開になるか気を揉んだ方も多いかもしれませんが、長い期間にわたり桜を楽しめた年だとも考えられます。

やっと桜が満開に(称名寺2017年4月10日)

やっと桜が満開に

金沢文庫に桜のお花見(称名寺2017年4月10日)

金沢文庫に桜のお花見




満開の桜を愛でながら歩みを進めると、称名寺の仁王門が見えてきます。時代を感じるどっしりとした仁王門に、満開の桜が色を添えています。称名寺は入山無料です。仁王門の向かって左手から浄土庭園に入ります。

しばしばお参りする称名寺ですが、桜が満開の春は格別な景色が広がります。金沢文庫の山を背景にお寺の伽藍が並び、静かに佇む浄土池には太鼓橋が掛かります。その池のふちには大きな枝ぶりの桜が花をつけていました。

太鼓橋と満開の桜(称名寺2017年4月10日)

太鼓橋と満開の桜

桜咲く浄土庭園(称名寺2017年4月10日)

桜咲く浄土庭園(称名寺2017年4月10日)




午後になって雲が増えて、少し肌寒くなってきました。季節に忠実に従い開花する桜。寒さに応じて満開の期間も長めになっているようです。お花見にはコートなど必要かもしれませんが、寒さも天の恵みと考え、もうしばらくお花見を楽しみたいと思います。


横浜六浦霊園の周辺には、桜のお花見スポットが多くありますので、春の風に誘われお花見に出掛けてみませんか。お車でも京浜急行でもお墓参りしやすい横浜六浦霊園では霊園見学を実施中です。心よりご来園お待ち申し上げます。

横浜の大規模民間墓地
横浜六浦霊園 自然豊かで海の見える本格霊園 [大型駐車場有]

花壇のお花が楽しい霊園(横浜の六浦霊園)

六浦霊園

宗教自由の大型公園墓地・霊園、バリアフリーで楽々お墓参りをすることができます。神奈川県内や東京都からの交通アクセスも抜群です。[大型駐車場有]


関連タグ:
カテゴリー:金沢区ニュース・霊園・墓地情報   最終更新日:2017年4月14日
「金沢区ニュース・霊園・墓地情報」関連の記事一覧
改葬の手引き
手続き・費用などお気軽にご相談ください
小冊子を無料進呈!

霊園・祭祀の基礎知識
お墓の選び方から法要・葬儀まで、霊園・祭祀の基礎知識をご紹介します。

ライン