紅葉2017:能見台、能見堂跡の紅葉狩り

秋の深まりが駆け足で訪れた今年(2017年)です。寒暖差も激しく、体調を崩している方も多くいらっしゃいませんか?草木もまた、突然の寒さや荒天に驚いているようです。

紅葉の色づきが秋本番を告げる、横浜市金沢区の六浦霊園です。霊園周辺には多くの紅葉スポットがございますが、今回は、能見台に紅葉狩りに出掛けました。

秋の日差しを浴び紅葉狩り(金沢区能見台)

秋の日差しを浴び紅葉狩り

名称:能見台(能見堂跡)の紅葉
住所:神奈川県横浜市金沢区能見台森
【アクセス】
・京浜急行「金沢文庫駅」から徒歩約20分
◆六浦霊園から電車では、京急「金沢文庫駅」で下車、徒歩約20分で到着します。
◆六浦霊園からお車では、国道16号線を北上し君が咲き交差点を左折。
 笹下釜利谷道路の大塚沢交差点を右折すると能見台緑地に到着します。
 駐車場なし。周辺の民間駐車場をご利用ください。トイレ有り。

広重も描いた金沢八景を望む能見台

高級住宅街として有名な能見台。その地名ともなっている能見台緑地に紅葉を眺めに伺いました。

能見台を訪れたのは11月初旬。住宅街に立つケヤキ並木はすでに紅葉の見ごろでした。小学生たちが、カサカサと落ち葉を踏み鳴らしながら帰宅していました。

能見台住宅地のケヤキが紅葉(横浜市金沢区)

能見台住宅地のケヤキが紅葉

秋の日差しを浴び紅葉狩り(金沢区能見台)

秋の日差しを浴び紅葉狩り




自然の森が残る能見台緑地。木立を抜けると目の前が広がり、能見台不動池が見渡せました。池のふちにはモミジが赤く染まり始めていました。

不動池では、カモが秋の木漏れ日を受けながらのんびりと泳いでいました。ひっそりとした能見台緑地。犬の散歩の方以外は、人影もまばらで秋を独り占めしているように感じました。

能見台不動池のカモと紅葉(横浜市金沢区)

能見台不動池のカモと紅葉

能見堂跡へ続く山道(金沢区能見台)

能見堂跡へ続く山道(金沢区能見台)




不動池から能見堂跡まで山道を登っていきます。かなりの急斜面ですので、ハイキングに出掛けるような靴や服装が必要と感じました。

緑地の一番高いと思われる能見堂跡の広場。案内板には、浮世絵師の歌川広重の写生画と共に、江戸時代の景勝地であった金沢八景、能見台の様子が説明されています。

金沢八景と能見堂の案内図(金沢区能見台)

金沢八景と能見堂の案内図

能見堂跡の広場で紅葉狩り(金沢区能見台)

能見堂跡の広場で紅葉狩り




いまはもう残っていない能見堂。江戸時代になって芝の増上寺の廃院をこの地に移して、寺院としての歴史が始まったそうです。交通の要所でありしかも風光明媚ということで、江戸時代から多くの観光客を集めたそうです。

徳川家康公も能見台を好んで訪れたそうで、江戸城のふすま絵に能見堂からの金沢八景の眺めを書かせたそうです。しかしこの日、晩秋と言えど多くの樹木で囲まれて、八景島の景色は望めませんでした。

能見堂跡で咲く寒椿(金沢区能見台)

能見堂跡で咲く寒椿(金沢区能見台)

谷津関ヶ谷不動尊(金沢区能見台)

谷津関ヶ谷不動尊(金沢区能見台)




冬のような寒さが急に訪れた今年の秋。すでに寒椿が花をつけ、秋色の木々の間に朱色の彩を加えます。山道を登り少し汗ばんだ体を、乾いた秋の風が吹き抜けすがすがしいハイキングとなりました。

能見台緑地は、東西に大きな緑地帯の一部です。東に行けば金沢文庫駅、西に行けば金沢自然公園にまで行ける緑地帯です。帰り道に谷津関ヶ谷不動尊に手を合わせました。


歴史と文化を感じる横浜市金沢区。京浜急行に乗ればすぐそこに六浦霊園があります。お車でも京浜急行でもお墓参りしやすい横浜六浦霊園では霊園見学を実施中です。心よりご来園お待ち申し上げます。

横浜の大規模民間墓地
横浜六浦霊園 自然豊かで海の見える本格霊園 [大型駐車場有]

花壇のお花が楽しい霊園(横浜の六浦霊園)

六浦霊園

宗教自由の大型公園墓地・霊園、バリアフリーで楽々お墓参りをすることができます。神奈川県内や東京都からの交通アクセスも抜群です。[大型駐車場有]


関連タグ:
カテゴリー:金沢区ニュース・霊園・墓地情報   最終更新日:2017年11月15日
「金沢区ニュース・霊園・墓地情報」関連の記事一覧
改葬の手引き
手続き・費用などお気軽にご相談ください
小冊子を無料進呈!

霊園・祭祀の基礎知識
お墓の選び方から法要・葬儀まで、霊園・祭祀の基礎知識をご紹介します。

ライン