あじさい2017◆金沢区称名寺裏のアジサイ満開

梅雨真っただ中、毎日のように雨が続きうっとうしい気持ちの方も多いでしょうか。そんな気持ちを晴れ晴れしてくれるのがアジサイです。

各地でアジサイの満開を迎え、横浜六浦霊園近くの家のお庭や公園で、大輪の花を咲かせています。金沢区にある称名寺でもまさに今が満開のアジサイを眺めることができました。

梅雨に色濃い緑に映える紫陽花(金沢区・称名寺2017年6月29日)

梅雨に色濃い緑に映える紫陽花(金沢区・称名寺2017年6月29日)

名称:真言律宗 金沢山 称名寺(しょうみょうじ)
住所:神奈川県横浜市金沢区金沢町212-1
【アクセス】
・京急「金沢文庫駅」から徒歩約12分
◆六浦霊園から電車では、京急「六浦駅」から「金沢文庫駅」で下車、徒歩約12分で到着します。
 シーサイドライン「海の公園南口駅」又は「海の公園柴口駅」から徒歩10分で到着します。
◆六浦霊園からお車では、国道16号線の「瀬戸神社前」交差点を右折、「洲崎町」を左折します。
 金沢八幡神社から路地に入り、しばらく住宅街を進むと称名寺に到着します。
 駐車場はナシ。金沢文庫周辺の民間駐車場をご利用ください。トイレ有り。

称名寺に金堂裏のアジサイ

桜や紅葉の名所として知られる金沢区の称名寺。鎌倉時代末期に完成した浄土庭園が美しい古刹で、約700年の歳月を経てもなお、人々を感動させる優美な庭園です。

称名寺の浄土庭園にはほとんどアジサイがありません。仁王門の横に金澤札所の石碑にアジサイが献花されており、どこかにアジサイが咲いていることは予感していましたが。

金澤札所碑にアジサイ献花(金沢区・称名寺2017年6月29日)

金澤札所碑にアジサイ献花

称名寺太鼓橋とアジサイ(金沢区・称名寺2017年6月29日)

称名寺太鼓橋とアジサイ




金沢文庫に抜けるトンネルの横、北条実時公の胸像の側に花をつけたアジサイが一株のだけ。浄土池をぐるっと半周して金堂の前に行くと、近所の幼稚園の先生方が、七夕飾りの竹ざさをもらい受けるところでした。

鐘楼堂から先、称名寺市民の森といわれる場所に歩みを進めました。すると、梅雨でいっそう緑を濃くした金沢の森をバックに、大輪のアジサイが花を咲かせてました。その色鮮やかなアジサイに息をのみます。

七夕の竹を採取(金沢区・称名寺2017年6月29日)

七夕の竹を採取(金沢区・称名寺)

金堂裏にアジサイ満開(金沢区・称名寺2017年6月29日)

金堂裏にアジサイ満開




あまり人影のない称名寺市民の森。満開のアジサイを写生する男性が一人いらっしゃるだけでした。鳥のさえずりや夏虫が奏でる音を聞きながら、アジサイの鑑賞ができます。

鎌倉時代には多くの仏教施設が建てられ、文化の一大集積地だった称名寺。アジサイが咲くこの草地にも、講堂などいくつもの施設があったと歴史の資料で伝えられています。

満開のアジサイと蕾(金沢区・称名寺2017年6月29日)

満開のアジサイと蕾

梅雨に色濃い緑に映える紫陽花(金沢区・称名寺2017年6月29日)

梅雨に色濃い緑に映える紫陽花(金沢区・称名寺2017年6月29日)




今は昔、街の喧騒から離れたこの称名寺金堂裏には、静かな時が流れているように感じました。満開を迎えているアジサイですが、7月上旬までが見ごろのようです。一雨ごとに色が薄くなっていきます。

六浦霊園周辺には、まだまだアジサイを楽しめるスポットが多くあります。梅雨空ではありますが、雨の合間を見てアジサイ鑑賞に出掛けてみては如何でしょうか。


京浜急行に乗ればすぐそこに、季節の花々が花を咲かせている六浦霊園の地域。もちろん、お車でも京浜急行でもお墓参りしやすい横浜六浦霊園では霊園見学を実施中です。心よりご来園お待ち申し上げます。

横浜の大規模民間墓地
横浜六浦霊園 自然豊かで海の見える本格霊園 [大型駐車場有]

花壇のお花が楽しい霊園(横浜の六浦霊園)

六浦霊園

宗教自由の大型公園墓地・霊園、バリアフリーで楽々お墓参りをすることができます。神奈川県内や東京都からの交通アクセスも抜群です。[大型駐車場有]


関連タグ:
カテゴリー:金沢区ニュース・霊園・墓地情報   最終更新日:2017年6月30日
「金沢区ニュース・霊園・墓地情報」関連の記事一覧
改葬の手引き
手続き・費用などお気軽にご相談ください
小冊子を無料進呈!

霊園・祭祀の基礎知識
お墓の選び方から法要・葬儀まで、霊園・祭祀の基礎知識をご紹介します。

ライン