春到来!梅2018◆北鎌倉・東慶寺の梅林

日中の日差しに春の強さを感じる今日この頃。でも、朝晩はまだまだ寒いですね。少しでも春の兆しを探しに、六浦霊園がある横浜市金沢区のお隣、北鎌倉に出掛けました。

節分の際にも訪れた北鎌倉。2月上旬はまだつぼみだった梅の花が開花を迎えています。四季折々の草花で、拝観客を楽します東慶寺さん。間もなく梅の満開を迎えます。

梅の満開を待つ参拝者と仏様(北鎌倉・東慶寺2018年2月16日)

梅の満開を待つ参拝者と仏様(北鎌倉・東慶寺2018年2月16日)

名 称 :臨済宗東慶寺の梅林
撮 影 :2018年2月16日(金)
住 所 :神奈川県鎌倉市山ノ内1367
拝観料 :大人200円、小・中学生100円
【交通アクセス】
・JR横須賀線「北鎌倉駅」より、徒歩約3分。
・横横道路「朝比奈インター」から車で約20分
◆六浦霊園から電車では、京急「六浦駅」から「新逗子駅」で下車。
 「逗子駅」から横須賀線に乗り「北鎌倉駅」下車し、徒歩約3分で到着します。
◆六浦霊園からお車では、環状4号線(県道23号線)を西へ進みます。
 朝比奈峠を抜けて約30分で東慶寺さんに到着します。
 ※駐車場は周辺の民間駐車場をご利用ください。トイレあり。

鎌倉の梅の名所、東慶寺さん

鎌倉には梅の名所がいくつもあります。その中でも北鎌倉の東慶寺さんはその梅林の優美さで有名です。JR横須賀線「北鎌倉駅」からも近く、東慶寺さんは北鎌倉お寺巡りの定番のお寺さんかと思います。

鎌倉街道から横に延びる石畳の参道があり、その先に石段と茅葺屋根の山門が見えます。その山門の右手には梅の木があり、梅の花が開花していました。

山門横に梅の花がお出迎え(北鎌倉・東慶寺2018年2月16年)

山門横に梅の花がお出迎え

梅の花に誘われお寺巡り(北鎌倉・東慶寺2018年2月16年)

梅の花に誘われお寺巡り




春のような陽光を浴びる梅の花。東慶寺さんの拝観客をお出迎えするように白い花を咲かせています。多くの方が思わずカメラやスマホを取り出し、梅の花の撮影に集中されていました。

東慶寺さんの中でも一番日当たりの良い山門付近。梅の花の開花も早いのではないでしょうか。山門からの眺めは、横須賀線を挟んで向かい側にある円覚寺さんの六国見山を望むことができ、梅の花と一緒に楽しむことができます。

春の陽光を浴びる白梅(北鎌倉・東慶寺2018年2月16日)

春の陽光を浴びる白梅

春を告げる梅の開花(北鎌倉・東慶寺2018年2月16年)

春を告げる梅の開花




拝観料をお支払いして、東慶寺さんの境内に入ります。まっすぐ伸びる道の両サイドに、梅の木がキレイに並んでいます。花をつけている梅の木もいくつかありますが、全体的に2分咲き(2018年2月16日現在)といったところです。

梅林の先には座禅を組まれてる金仏のお姿。仏様が静かに、春の訪れをお待ちになっておられているようです。東慶寺さんは北向きの谷戸に建つお寺さんで、ゆっくりと春のが訪れているようです。

梅の満開を待つ参拝者と仏様(北鎌倉・東慶寺2018年2月16日)

梅の満開を待つ参拝者と仏様

フクジュソウも土から出てきた!(北鎌倉・東慶寺2018年2月16日)

フクジュソウも土から出てきた!




梅の木の根元には、フクジュソウが土から顔を出し、黄色い可愛い花を開いていました。毎年繰り返す、冬の寒さと春の喜び。お花で感じる春到来を、東慶寺さんで楽しみました。

東慶寺さんは、文学者や実業家、スポーツ界など著名有名人のお墓でも知られます。岩波書店の創業者である岩波茂雄さん、出光興産創業者の出光佐三さん、前回の東京オリンピックで、東洋の魔女と呼ばれたバレボール女子の監督だった大松博文さんのお墓などです。

次に東慶寺さんにお邪魔する時は、歴史の偉人のお墓巡りしたいと思っています。


梅が開花した北鎌倉。そのすぐ近く、横浜市金沢区に六浦霊園があります。お車でも京浜急行でもお墓参りしやすい横浜六浦霊園では霊園見学を実施中です。心よりご来園お待ち申し上げます。

横浜の大規模民間墓地
横浜六浦霊園 自然豊かで海の見える本格霊園 [大型駐車場有]

花壇のお花が楽しい霊園(横浜の六浦霊園)

六浦霊園

宗教自由の大型公園墓地・霊園、バリアフリーで楽々お墓参りをすることができます。神奈川県内や東京都からの交通アクセスも抜群です。[大型駐車場有]


関連タグ:
カテゴリー:鎌倉市ニュース・霊園・墓地情報   最終更新日:2018年2月20日
「鎌倉市ニュース・霊園・墓地情報」関連の記事一覧
改葬の手引き
手続き・費用などお気軽にご相談ください
小冊子を無料進呈!

霊園・祭祀の基礎知識
お墓の選び方から法要・葬儀まで、霊園・祭祀の基礎知識をご紹介します。

ライン