鎌倉・建長寺で節分(平成28年)の豆まき<行楽情報>

寒風が身に染みる冬晴れの節分。鎌倉五山の第一に挙げられる臨済宗の建長寺でも、節分会の豆まきが行われました。二十四節季「立春」の前日にあたる節分、春らしい陽光に包まれた豆まきに多くの人が集まりました。

横浜六浦霊園からも鎌倉市は程近く、お墓参りの行き帰りで豆まきに参加される方も多いかもしれません。我が国古来の伝統文化を肌で感じる鎌倉散策。建長寺で平成28年(2016年)に行われた節分の豆まきをご報告します。

ミス鎌倉が撒く福豆(鎌倉・建長寺2016年2月3日撮影)

ミス鎌倉がまく福豆(鎌倉市・建長寺2月3日撮影)

名 称 :建長寺 半僧坊節分会の豆撒き
開 催 :2016年2月3日
住 所 :神奈川県鎌倉市山ノ内8
【交通アクセス】
・JR横須賀線「北鎌倉駅」より、徒歩約20分。
・横横道路「朝比奈インター」から車で約20分


節分会福豆まき(鎌倉・建長寺2016年2月3日撮影)

節分会福豆まき(鎌倉・建長寺2月3日撮影)

節分会の獅子舞(鎌倉・建長寺2016年2月3日撮影)

節分会の獅子舞




節分会の奉納かっぽれ(鎌倉・建長寺2016年2月3日撮影)

節分会の奉納かっぽれ

建長寺で咲く梅の花(2016年2月3日撮影)

建長寺で咲く梅の花




北鎌倉に位置する建長寺に到着した昼前、春を感じさせる陽光が眩しい節分日和となりました。建長寺では毎年恒例となった、江戸芸「かっぽれ」櫻川ぴん助一座の踊りが披露されていました。獅子舞も登場し、立春のおめでたい雰囲気満点の節分会となりました。

節分会の豆まきが始まる前に辺りを見回すと、建長寺の境内にある梅の花がほころび始めていました。草花は季節の変化をいち早く感じているのですね。梅の開花を見ると確実に季節が進んでいることを感じます。

豆撒き開始(鎌倉・建長寺2016年2月3日撮影)

豆撒き開始(鎌倉・建長寺2016年2月3日撮影)

立春の祝い節分の豆撒き(鎌倉・建長寺2016年2月3日撮影)

立春の祝い節分の豆撒き




振袖のミス鎌倉から豆まき(鎌倉・建長寺2016年2月3日撮影)

振袖のミス鎌倉から豆まき

撒いた豆に多くの手、手、手(鎌倉・建長寺2016年2月3日撮影)

撒いた豆に多くの手、手、手




ミス鎌倉がまく福豆(鎌倉・建長寺2016年2月3日撮影)

ミス鎌倉がまく福豆

建長寺法堂前で節分の豆まき(2016年2月3日撮影)

建長寺法堂前で節分の豆まき(2月3日撮影)




今は遅しと豆まきの開始をまつ人々。豆を求めて怪我をされる方もいらっしゃるようで、建長寺では、小さいお子さんやご年配の方用に特別な豆まき場所が設置されていました。「ここはお寺ですので、譲り合いで仲良く豆を拾ってください」とのお坊さんからのお願いもありました。

重要文化財に指定されている建長寺の法堂。その法堂に設置された縁台には、お坊さんの方々や福男、福女、ミス鎌倉の艶姿が並びます。12時過ぎ、福は内の掛け声と共に豆がまかれ始めました。豆がまかれるたびに福豆を掴もうと、いたるところから手が伸びます。つかめた喜び、つかめなかった悔しさなどの声が上がります。

建長寺の豆まきでは、お豆だけでなく子供向けの駄菓子なども撒かれていました。豆まきが行われた法堂に安置されているのは千手観音坐像です。多数の手、その手にある目であらゆる方をお救いする千手観音様、その慈悲の心を表した豆まきであったように思いました。

皆さんは節分の豆まきは行いましたでしょうか。伝統文化を守る大切な季節の行事です。季節や伝統を色濃く残す鎌倉。お寺さんめぐりの後は、横浜六浦霊園に霊園見学いらっしゃっては如何でしょうか。墓参りしやすいバリアフリー霊園である六浦霊園を、是非あなた様の目でお確かめください。


横浜の大規模民間墓地
横浜六浦霊園 自然豊かで海の見える本格霊園 [大型駐車場有]

花壇のお花が楽しい霊園(横浜の六浦霊園)

六浦霊園

宗教自由の大型公園墓地・霊園、バリアフリーで楽々お墓参りをすることができます。神奈川県内や東京都からの交通アクセスも抜群です。[大型駐車場有]


【神奈川県鎌倉市の情報・横浜六浦霊園への行き方】
神奈川県鎌倉市のニュースと霊園・お墓情報
神奈川県鎌倉市から六浦霊園への行き方と地図【自動車でご来園】
神奈川県鎌倉市から六浦霊園への行き方と地図【電車ご利用】


関連タグ:
カテゴリー:鎌倉市ニュース・霊園・墓地情報   最終更新日:2016年2月8日
「鎌倉市ニュース・霊園・墓地情報」関連の記事一覧
改葬の手引き
手続き・費用などお気軽にご相談ください
小冊子を無料進呈!

霊園・祭祀の基礎知識
お墓の選び方から法要・葬儀まで、霊園・祭祀の基礎知識をご紹介します。

ライン