桜2018🌸潮風感じる桜満開の光明寺へ

初夏のような陽気に誘われ、桜が満開になりました。六浦霊園がある横浜市金沢区にも多くの桜の名所がありますが、鎌倉にも歴史を紡いだ桜の名所があり散策してみました。

春風にコートを脱ぎ、身軽な服装で鎌倉のお寺巡り。今回は鎌倉の材木座海岸の目の前に位置する、浄土宗の光明寺さんに桜を愛でに出掛けました。

春の陽光でお花見(鎌倉・光明寺2018年3月28日)

春の陽光でお花見

名 称 :浄土宗光明寺 満開の桜
撮影日 :2018年3月28日
住 所 :神奈川県鎌倉市材木座6-17-19
【交通アクセス】
・JR横須賀線「鎌倉駅」下車、京急バス「鎌40,鎌41 小坪 逗子駅行き」で約10分。
・横横道路「朝比奈インター」から車で約20分
◆六浦霊園から電車では、京急「六浦駅」から「新逗子駅」で下車。
 京急バス「鎌40,鎌41 鎌倉駅行き」で約10分で到着します。
◆六浦霊園からお車では、県道205号線を逗子方面へ進みます。
 久木踏切、小坪トンネルを経由して約20分で光明寺さんに到着します。
 ※駐車場は周辺の民間駐車場をご利用ください。トイレあり。

鎌倉の栄枯盛衰を感じる材木座の寺院

潮の香が鼻をくすぐる材木座。その海を背に光明寺さんの大きな山門が見えてきました。鎌倉最大級の山門で、山門の両側に、大島桜と思われる少し白が強い桜が満開でした

光明寺山門と桜(2018年3月28日)

光明寺山門と桜

満開の桜(鎌倉・光明寺2018年3月28日)

満開の桜




山門をくぐると、ピンク色の強いソメイヨシノ桜が並んでいます。青空の下、光明寺大殿の緑の銅板屋根、そして満開の桜と、色豊かな春の景色です。

光明寺さんの境内は広く、そこかしこにお花見を楽しむグループを見かけます。お花を愛する気持ちに国境はないようで、多くの外国人の参拝、お花見客を見かけました。

大殿前の広い境内に桜咲く(鎌倉・光明寺2018年3月28日)

大殿前の広い境内に桜咲く

伽藍に桜の彩(鎌倉・光明寺2018年3月28日)

伽藍に桜の彩




寺社仏閣の建物が連なる様子を伽藍(がらん)と言います。まさに、大伽藍と言うべき光明寺さんに満開の桜が彩ります。

本当に暑かったこの日、上着を脱ぎ袖をまくっている方も多く、桜の木陰がちょうどよい日除けです。潮風が桜の花びらを散らす幻想的な雰囲気でした。

春の陽光でお花見(鎌倉・光明寺2018年3月28日)

春の陽光でお花見

蓮池ほとりの桜(鎌倉・光明寺2018年3月28日)

蓮池ほとりの桜




大殿わきには、蓮池がある記主庭園があります。ここはテレビ東京の番組「池の水ぜんぶ抜く」で紹介された池です。夏には大輪の蓮の花が咲くこと、期待しています。


歴史と文化が息づく鎌倉。そのすぐ近く、横浜市金沢区に六浦霊園があります。お車でも京浜急行でもお墓参りしやすい横浜六浦霊園では霊園見学を実施中です。心よりご来園お待ち申し上げます。

横浜の大規模民間墓地
横浜六浦霊園 自然豊かで海の見える本格霊園 [大型駐車場有]

花壇のお花が楽しい霊園(横浜の六浦霊園)

六浦霊園

宗教自由の大型公園墓地・霊園、バリアフリーで楽々お墓参りをすることができます。神奈川県内や東京都からの交通アクセスも抜群です。[大型駐車場有]


関連タグ:
カテゴリー:鎌倉市ニュース・霊園・墓地情報   最終更新日:2018年3月29日
「鎌倉市ニュース・霊園・墓地情報」関連の記事一覧
改葬の手引き
手続き・費用などお気軽にご相談ください
小冊子を無料進呈!

霊園・祭祀の基礎知識
お墓の選び方から法要・葬儀まで、霊園・祭祀の基礎知識をご紹介します。

ライン