アジサイ2017◆鎌倉・極楽寺でしっとりお花見

雨の季節が来ると楽しみなのがアジサイですね。庭木で植えているお宅も多く、近所でも大輪の花を咲かせています。そんな身近なアジサイですが、六浦霊園からも散策に行きやすい鎌倉のアジサイも満開を迎えようとしています。

鎌倉散策で江ノ電に乗るのも楽しいですね。江ノ電の駅名となっている極楽寺。アジサイのお寺さんとしても有名で、多くの拝観者が訪れていました。

車窓からのアジサイお花見(鎌倉・極楽寺2017年6月14日)

車窓からのアジサイお花見(極楽寺)

名称:鎌倉・極楽寺のアジサイ
住所:神奈川県鎌倉市極楽寺3丁目6−7
【アクセス】
・JR横須賀線「鎌倉駅」から江ノ電で「極楽寺駅」下車、徒歩約1分
◆六浦霊園から電車では、京急「新逗子」でJR横須賀線「逗子駅」に乗り換え、
 「鎌倉駅」で江ノ電に乗り換え「極楽寺駅」下車、徒歩約5分で到着します。
◆六浦霊園からお車では、逗子駅と小坪トンネルを経由して、約30分で極楽寺に到着します。
駐車場なし。トイレは極楽寺駅の公衆トイレをご利用ください。
※混雑が予想されますので公共交通機関をご利用ください。

閑静な極楽寺のアジサイを堪能

鎌倉古寺めぐりでは、鶴岡八幡宮周辺と北鎌倉が大人気です。曜日に関係なくたいへんな賑わいで、小町通りはまっすぐ歩けないほどの混雑です。そんな時、ちょっと江ノ電に乗って極楽寺に行ってみませんか。

電車も可愛く、美しい景色も楽しめる江ノ電。鎌倉駅西口から藤沢に向け路線が伸びています。鎌倉駅からは4つ目「極楽寺駅」には、少し静かにアジサイを鑑賞できるスポットがあります。

江ノ電沿線のアジサイ(鎌倉・極楽寺2017年6月14日)

江ノ電沿線のアジサイ(極楽寺)

極楽寺横の店先にアジサイ(鎌倉・極楽寺2017年6月14日)

極楽寺横の店先にアジサイ




江ノ電に揺られながら、線路わきに咲くアジサイを鑑賞できます。でもあっという間に眼の前を過ぎてゆくアジサイ。江ノ電唯一のトンネル「極楽洞」を過ぎると、目的の「極楽寺駅」に到着します。

映画のセットのようなかわいい駅舎の極楽寺駅。駅を出て線路をまたぐ橋を渡ると、江ノ電とアジサイの共演を見ることができました。極楽寺はすぐ目の前、門前にはすてきな食器や雑貨を販売するお店がありました。

極楽寺山門前のアジサイ(鎌倉2017年6月14日)

極楽寺山門前のアジサイ

色とりどりのアジサイが咲く極楽寺の(鎌倉2017年6月14日)

色とりどりのアジサイが咲く極楽寺山門前のアジサイ




駅名にもなっている極楽寺。鎌倉中心部から少し離れていることもあり、人波も穏やかで閑静なお寺めぐりです。時折、江ノ電が走る音が心地よく感じます。

極楽寺の山門の前には、いく株ものアジサイが植わっており、様々な色合いのお花をつけていました。残念ながら撮影はここまで、極楽寺境内はカメラ撮影ができません。参拝した6月半ばごろのアジサイは、まだ開花前のお花も多く、これから梅雨本番に向け十分楽しめそうです

1259年北条重時が建立の極楽寺(鎌倉2017年6月14日)

1259年北条重時が建立の極楽寺

車窓からのアジサイお花見(鎌倉・極楽寺2017年6月14日)

車窓からのアジサイお花見(極楽寺)




建立は、1259年(正元元年)に遡る極楽寺。北条政子の弟で、鎌倉幕府の第2代執権となった北条義時。その三男である北条重時が極楽寺を建立。境内がもっと広かったお寺の最盛期、金堂や講堂など多数の仏閣が並ぶ大伽藍だったそうです。

現在の極楽寺は、山門をくぐると桜並木が続き、ひっそりとした雰囲気の古刹です。喧騒から離れて静かなアジサイ鑑賞と、お寺めぐりを楽しめた一日でした。六浦霊園からも気軽に行ける、鎌倉極楽寺の散策は如何でしょうか。


お車でも京浜急行でもお墓参りしやすい横浜六浦霊園では霊園見学を実施中です。心よりご来園お待ち申し上げます。

横浜の大規模民間墓地
横浜六浦霊園 自然豊かで海の見える本格霊園 [大型駐車場有]

花壇のお花が楽しい霊園(横浜の六浦霊園)

六浦霊園

宗教自由の大型公園墓地・霊園、バリアフリーで楽々お墓参りをすることができます。神奈川県内や東京都からの交通アクセスも抜群です。[大型駐車場有]



カテゴリー:鎌倉市ニュース・霊園・墓地情報   最終更新日:2017年6月16日
「鎌倉市ニュース・霊園・墓地情報」関連の記事一覧
改葬の手引き
手続き・費用などお気軽にご相談ください
小冊子を無料進呈!

霊園・祭祀の基礎知識
お墓の選び方から法要・葬儀まで、霊園・祭祀の基礎知識をご紹介します。

ライン