アジサイ満開!にぎわう鎌倉・長谷寺〈霊園周辺の行楽〉

日本全国にアジサイ寺と呼ばれる寺院も多いと思いますが、その中でも有名なお寺さんの一つ、鎌倉市の長谷寺では今年もアジサイが満開となり、多くの拝観、お花見客が訪れていました。梅雨の雨模様の中であっても、もっとも草花が色濃く感じるアジサイの季節です。

今回は、鎌倉市にあるアジサイの名所である、海光山慈照院長谷寺をご紹介します。

仏像とアジサイ(鎌倉・長谷寺2016年6月5日)

仏像とアジサイ

名称:鎌倉・長谷寺 満開のアジサイ
開園時間:8:00 - 17:00(冬10月-2月は8:00~16:30)
拝観料 :大人300円、小学生100円
住所:神奈川県鎌倉市長谷3-11-2
【アクセス】
・JR横須賀線「鎌倉駅」から江ノ電で「長谷駅」下車、徒歩約5分
◆六浦霊園から電車では、京急「新逗子」でJR横須賀線「逗子駅」に乗り換え、
 「鎌倉駅」で江ノ電に乗り換え「長谷駅」下車、徒歩約5分で到着します。

◆六浦霊園からお車では、逗子駅と小坪トンネルを経由して、約25分で長谷寺に到着します。
駐車場あり(有料)。トイレ有り。
※混雑が予想されますので公共交通機関をご利用ください。

鎌倉アジサイ散策、お寺巡り

前回ご紹介した北鎌倉の明月院から、徒歩にて「鎌倉駅」に到着。江ノ電に乗車し長谷寺に向かいます。駅には観光客は多いのですが、とりわけ外国人の方々を多く見かけます。遺産や伝統を守り、草花をこよなく愛する日本文化を感じてほしいです。

江ノ電は、ラッシュアワーのように混み合っていましたが、小さな電車らしいスピードと揺れが心地よかったです。長谷駅に到着しホームに降り、電車を見ると行先案内板にアジサイの図柄が表示されていました。気持ちも高まりながら長谷寺に向かいます。

行先案内もアジサイ図柄(鎌倉・長谷駅2016年6月5日)

行先案内もアジサイ図柄

観光客で混雑する江ノ電(鎌倉駅2016年6月5日)

観光客で混雑する江ノ電(鎌倉駅2016年6月5日)




長谷寺参道に着物姿(鎌倉2016年6月5日)

長谷寺参道に着物姿

アジサイが咲く浄土庭園(鎌倉・長谷寺2016年6月5日)

アジサイが咲く浄土庭園




長谷寺の参道を歩いていると、着物姿の女性3人組が歩いていました。和装でのお寺散策、素敵な趣向と感じます。伝統な着物姿は羨ましく、今年こそは浴衣に袖を通してみたいと思いました。

長谷寺の拝観券売り場に近づくと、ご案内の方から「あじさい路」は1時間待ちとのアナウンスがありました。アジサイが満開となり、拝観客で大変混雑しているようです。アジサイが咲いているのはあじさい路だけではないと知っていましたから、迷うことなく入山させていただきました。

満開のアジサイ寺 鎌倉長谷寺
四季を通じて様々なお花を見ることができる鎌倉・長谷寺。秋の紅葉の季節と並んで、アジサイが満開となる6月は大変多くの拝観客が訪れます。歴史ある寺院建築や苔むした石垣、境内いたる所に仏様やお地蔵様がいらっしゃり、満開のアジサイに囲まれます。

色とりどりのアジサイ(鎌倉・長谷寺2016年6月5日)

色とりどりのアジサイ

本堂前のアジサイ(鎌倉・長谷寺2016年6月5日)

本堂前のアジサイ




赤いガク、白い花のアジサイ(鎌倉・長谷寺2016年6月5日)

赤いガク、白い花のアジサイ

あじさい路の入場待ち(鎌倉・長谷寺2016年6月5日)

あじさい路の入場待ち




長谷寺では、名前を冠するアジサイの独自品種があるそうです。ガクアジサイの「長谷の潮騒」や「長谷四片」、「長谷の祈り」など、いずれのアジサイも形や色が個性的なお花です。山門前の浄土回遊庭園には、アジサイとハナショウブの共演を楽しみました。

ご本尊の十一面観音菩薩立像がいらっしゃる本堂まで上ると、入口でのご案内の通り、「あじさい路」の時間待ちが案内されていました。整理券が配られ境内でお待ちになられている方も多かったです。ただ、本堂の前にも多くのアジサイが花をつけており、順番待ちのひと時を和ませてくれます。

今回は「あじさい路」を登りませんでしたが、お経を収めている書架を回す経蔵、その建物の周りに咲くアジサイを拝見しました。急峻なあじさい路の下からの眺めもとても素敵で、一枚の絨毯のようにアジサイの花が彩ります。アジサイの間からお花見客の頭がヒョッコリ現れます。手には必ずと言っていいほどスマホやカメラがあり、満開のアジサイや記念撮影される姿が至る所で見られました。

満開アジサイを撮影(鎌倉・長谷寺2016年6月5日)

満開アジサイを撮影

仏像とアジサイ(鎌倉・長谷寺2016年6月5日)

仏像とアジサイ




経蔵の竹林に咲くアジサイ(鎌倉・長谷寺2016年6月5日)

経蔵の竹林に咲くアジサイ

お地蔵さんとアジサイ(鎌倉・長谷寺2016年6月5日)

お地蔵さんとアジサイ




人々の喧騒をよそに、静かに目を閉じる仏様の石造。満開のアジサイに囲まれ、お手にもアジサイが添えられていました。鎌倉は観光地化し過ぎるとの声も少し耳にしますが、お花見を通じてお寺さんや仏教に親しむのも、伝統文化を守る一つの方法かもしれません。

長谷寺のシンボル的存在「和み地蔵」様は境内の至る所にいらっしゃり、拝観客に微笑みを与えてくれます。そのお地蔵様の頭には、アジサイの花弁が飾れていました。


梅雨の時期だからこそ、アジサイのお花見を楽しんだ鎌倉での一日。満開の便りにつられお花見巡りの小旅行は、とっても楽しいです。足元が悪い中ですが、晴れ間を見つけて季節を感じにお花見に出掛けては如何でしょうか。
横浜六浦霊園に隣接している鎌倉市。京浜急行とJR横須賀線を利用すれば、六浦霊園から鎌倉に向かうのは大変便利な場所にあります。その横浜六浦霊園で実施している、霊園見学会にお出で下さい。心よりご来園お待ち申し上げます。

横浜の大規模民間墓地
横浜六浦霊園 自然豊かで海の見える本格霊園 [大型駐車場有]

花壇のお花が楽しい霊園(横浜の六浦霊園)

六浦霊園

宗教自由の大型公園墓地・霊園、バリアフリーで楽々お墓参りをすることができます。神奈川県内や東京都からの交通アクセスも抜群です。[大型駐車場有]



関連タグ:
カテゴリー:鎌倉市ニュース・霊園・墓地情報   最終更新日:2016年6月30日
「鎌倉市ニュース・霊園・墓地情報」関連の記事一覧
改葬の手引き
手続き・費用などお気軽にご相談ください
小冊子を無料進呈!

霊園・祭祀の基礎知識
お墓の選び方から法要・葬儀まで、霊園・祭祀の基礎知識をご紹介します。

ライン