ひな祭り◇山王森泉公園の壮大な吊るし雛

梅が咲き、桜の開花予想も発表された3月。六浦霊園がある横浜市金沢区も、一気に春めいてきたようで、防寒着を脱いでハイキングされる方を多く見かけます。

今回は目前に控えた三月三日のひな祭りに、ぜひお出掛けしてもらいたい吊るし雛の観光スポットをご紹介します。横浜市南部の天王森泉公園には、無数の吊るし雛が飾られ、多くの観覧客が喜びの声を上げています。

大広間に所狭しと吊るし雛(山王森泉公園2018/2/28)

大広間に所狭しと吊るし雛

名 称 :天王森泉公園の吊るし雛アート展
開催期間 :2018年(平成30年)2月10日~3月7日(水)まで
入 場  :無料
住 所  :神奈川県横浜市泉区和泉町300番地
【アクセス】
・市営地下鉄ブルーライン「下飯田駅」から徒歩25分
・相鉄いずみの線「ゆめが丘駅」から徒歩30分
◆六浦霊園から電車では、京急「六浦駅」から「上大岡駅」で下車、
 市営地下鉄ブルーライン「下飯田駅」から徒歩25分で到着します。
◆六浦霊園からお車では、県道23号線を大船方面に進みます。
 国道1号線「原宿」交差点を通過し、「ドリームハイツ」交差点を左折すると、
 天王森泉公園に到着します。
 駐車場はなし。トイレ有り。

元製糸場の母屋に無数の吊るし雛

横浜市泉区にある天王森泉公園。そのシンボルが、繭を育て糸にした製糸場だった母屋です。今は当時の面影を残しつつ、地域の憩いの場として活用されています。

天王森泉公園の目の前には、横浜市と藤沢市の間を流れる境川があり、緑豊かな古き良き田園風景を眺めることができます。ピンク色の幟が掲げられ、吊るし雛アート展の告知がされていました。

吊るし雛アート展の山王森泉公園(2018/2/28)

吊るし雛アート展の山王森泉公園

大広間に所狭しと吊るし雛(山王森泉公園2018/2/28)

大広間に所狭しと吊るし雛




入口の土間に入ると、目の前の大広間に無数の吊るし雛が飾られていました。畳の上にも思考を凝らしたウサギや赤子の飾り小物が並んでいます。

山王森泉館ほど、多くの吊るし雛を見ることはできないでしょう。ご来場者は女性を中心に多く、お子様を連れたママさんグループが歓喜を上げながら記念写真を撮る姿がありました。

吊るし雛で桃の節句をお祝い(山王森泉公園2018/2/28)

吊るし雛で桃の節句をお祝い

吊るし雛を眺めるひな人形(山王森泉公園2018/2/28)

吊るし雛を眺めるひな人形




吊るし雛を前に、お雛様も少し肩身が狭く眺めているようでした。吊るし雛の飾り物にはそれぞれ願いが込められているようです。犬の小物は安産、這い子人形は成長、唐辛子は魔除けなどの願いが込められています。

山王森泉館の二階にも多くの吊るし雛が飾られておりました。窓辺にはユーモアあふれる干し柿の小物がぶら下げてありました。「そろそろ食べ頃ですよ」なんてくすっと笑う言葉も添えられていました。

上階の窓辺に干し柿の飾り物(山王森泉公園2018/2/28)

上階の窓辺に干し柿の飾り物

梅の花が見ごろの山王森泉公園(2018/2/28)

梅の花が見ごろの山王森泉公園




母屋を出ると、お庭には歓談する多くの方がいらっしゃいました。甘酒やとん汁などが販売されており、体を温めてくれます。春の陽ざしを浴びる梅の花を愛でながら、お話にも花が咲いているようでした。


横浜市金沢区に六浦霊園周辺には、歴史や文化を感じる寺社仏閣あり、行事や季節のイベントが開催されています。横浜六浦霊園は、お車でも京浜急行でもお墓参りしやすい霊園です。霊園見学を心よりご来園お待ち申し上げます。

横浜の大規模民間墓地
横浜六浦霊園 自然豊かで海の見える本格霊園 [大型駐車場有]

花壇のお花が楽しい霊園(横浜の六浦霊園)

六浦霊園

宗教自由の大型公園墓地・霊園、バリアフリーで楽々お墓参りをすることができます。神奈川県内や東京都からの交通アクセスも抜群です。[大型駐車場有]


関連タグ:
カテゴリー:泉区ニュース・霊園・墓地情報   最終更新日:2018年3月2日
「泉区ニュース・霊園・墓地情報」関連の記事一覧
改葬の手引き
手続き・費用などお気軽にご相談ください
小冊子を無料進呈!

霊園・祭祀の基礎知識
お墓の選び方から法要・葬儀まで、霊園・祭祀の基礎知識をご紹介します。

ライン